松戸シニアアンサンブル”アモーレ”

主として中高年のメンバーがアンサンブルを楽しんでいます。練習に参加できる方はどなたでも入団できます。

第1回サポセン音楽祭(3月5日)のご案内

2017-02-26 07:28:30 | Weblog
私達が日ごろ練習している「まつど市民活動サポートセンター」(サポセン)に於いて初の音楽祭が開催されます。名付けて「第1回サポセン音楽祭」。

私達松戸シニアアンサンブル”アモーレ”ほか、ここサポセン施設を利用して練習している音楽関連団体が集まって日頃の練習の成果を発表いたします。

1.日時:3月5日(日)午前10時~午後3時

2.会場:サポセン多目的ホール


詳細は下記チラシご覧ください。

私達は最初に出演します(午前10時~10時30分の予定)。
サウンド・オブ・ミュージックなどを演奏いたしますのでぜひお越しください。







WAKA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(2月20日)

2017-02-21 07:47:48 | Weblog
今日もお休みの方が4人おられました。寒い冬場のせいかご自身の体調とかご家族の急な病気による看病などの理由です。本番が近づいていますのでお互い体調管理に気を付けましょう。

さて今日のブログ担当はキーボードのIさん(M.Iさん)です。
ではどうぞ

<今日は久しぶりにサポセンホールでの練習でした。
3月5日のサポセン音楽祭の会場なので、当日演奏する3曲は音の大きさやバランス、残響など本番を想定してご指導頂きました。これがなかなか時間がかかり、今日も「アイーダ」は前に進めないのでは という雰囲気になりました

前半は音楽祭の3曲でした。「矢切の渡し」はテンポが重くならないように気をつけるように、「アイネクライネ」は バイオリンの刻みが綺麗です、と誉められて割とさらっと終わりました。

問題は「サウンドオブミュージック」。 以前に演奏した曲ですが難しいです。5曲のメドレーですが、「前奏曲」は後半の rit. a tempo の繰り返しを忘れずにとか「ドレミの歌」は テンポが遅れないように元気良くなどなど、5曲それぞれ細かに修正が入り、終わってみたら11時45分になっていました。

この曲に限らず、クラリネットのNさんがお休みされていますのでカバーしなければならない箇所が所々あります。忘れないようにしなければいけませんね。

休憩をはさみ、後半は「好きにならずにいられない」と「アランフェス協奏曲」。この2曲は、大変良い!と誉められました

そして最後は なかなか進めない「アイーダ」。一昨日のサンシティアンサンブルさんのコンサートに行かれた方は 合唱が入った素敵な演奏を聴けましたね 今日も合唱とのバランスを考えて演奏するようにと言われて練習が始まりましたが、いつもの所でいつものように何回か止められて、そして先生はついに、進歩してよ と叫ばれました …すみません

でもその後は、皆さんの頑張りと、練習時間の延長で少~しだけ前に進みました(ホッ)

本番まで今日の感覚を忘れないようにしましょう>

M.I


<連絡事項>

1.3/27のミニコンサートの曲目変更:夜明けの歌⇒矢切の渡し に変更。
                  ①矢切の渡し ②高原列車は行く ③あざみの歌 ④以降は変わらず

2.5月の練習日のうち22日(月)は抽選はずれのため23日(火)に変更。
  28日(日)音楽祭の前の最後の練習となるので全員の参加を期待。

3.役員会:3月13日(月)練習後開催。

4.次回ブログ担当はFさん(バイオリン)

  3月のブログ担当6日(バイオリン)
         13日(木管)
         20日(KB)
         27日(バイオリン)
  

5.次回練習:2月27日(月)大会議室

6.新年会:2月27日(月)午後1時30分~ 「ラッフル」



早春の水元公園(葛飾区)











WAKA


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(2月13日)

2017-02-14 07:57:47 | Weblog
今日は久しぶりに公民館ホールでの練習。暖房はすぐに入れてくれるがしばらくすると暑くなってきた。ここはボイラー室での集中管理なのでホール内では温度を調節できない。そこで受付でいったん暖房を切ってもらうことになる。しかし、しばらくするとまた寒くなってきたのでまた暖房をお願いする、という不便さ! 何とかしてほしいものです。

さて今日のブログ担当はフルートのHさん(hiroさん)。男性二人目の登場です。


<これまでブログは、立ち上げ時から約10年、専ら会長のWさんが書いておられたが、(長年、毎回休まず大変な労力だと思います。)最近団員の持ち回りでその日の練習風景などの部分を担当するようになった。

 内心「仕方ない。これも会費の内、現物納付だ!」と特段の意思表示もせず受け止めた訳だが、「そんな気持ちではろくなことも書けない!会長は『書くのに疲れたから』と言っているけど、きっと色々な目で記事ができれば、ブログも今よりもっと楽しいものになるだろうし、練習にも何かしら良いヒントが得られるのでは!という配慮があっての言葉なのだろう」と思い直し、前向きな気持ちで書くことにした。

ところが、なんと今日はお休みが7名にもなった。
それぞれご事情があってのことなのでやむを得ないことだけど、音楽の要のピアノのTさん、バイオリンリーダーのJさん、それに先週「アランフェス」でギターの聴かせどころをあんなに見事にキーボードで奏でたMさんなどが欠けたので、今日の練習はどうなるの? 先生は困ってるだろうな~・・・

と、勝手に心配しつつも練習が始まったら、なんと先生は自らキーボードを弾きつつ、指揮をするという裏技できた。
重要なパートを穴埋めしてくれるのは大変ありがたいのだけれども、反面指揮棒に頼っているこちらはテンポ感が掴めなくて心細い。

今日は、サウンドオブミュージック、アランフェス協奏曲、好きにならずにいられない、最後にアイーダを練習した。

サウンドオブ・・・は何度もやっているので概ね良かったと思うけど、「エーデルワイスは呪いの歌では無いので出だしを余り寂しく出てくるのはどうだろう」という先生の言葉は笑えた。(言葉の端々に気遣いが感じられて申し訳ない。)
「allargando」の意味分かりますか?」と問われて、「段々早く!です。」と答えがあったが、「それでは、合わないよね~」と軽く受け流してくれ、大爆笑となった。(皆、年取らないよ。)

アランフェスは細かいリズムと掛け合いなど、まだまだ先生の指導したいレベルにも達していないので(自分のことです。)これから頑張りたい。

アイーダは、今日も途中で時間切れとなって宿題を沢山もらった。マラソンの関門で「ハイ、ここまでです!」とゴールを断念させられる残念な気分だ。早く輝かしい終結部を高らかに奏でられるようになりたいですね。

hiro


   *最後はマラソンのたとえが出ましたね。さすが体育会系で身体頑健のhiroさん。でもアイーダに関してはいつも同じ個所で時間切れ。次回こそは最後まで完走したいものです(WAKA)。



<連絡事項>

1.5月練習日程(いずれも月曜日):8日 公民館ホール
                 15日 大会議室
                 22日 キャンセル待ち(取れない場合は23日に変更するかも)
                28日(日) 松戸市音楽協会大音楽祭に出演(森のホール21 大ホール)
                 29日 大会議室

2.6月29日(木)PM にゲネプロ(直前練習)を行なう。場所は森のホール(リハ室)。練習後、楽器を赤帽に積み込む。

3.次回ブログ担当はキーボードの Iさん です。

4.次回練習は20日(月)サポセンホールです。


WAKA







早春の21世紀の森と広場(2月上旬撮影)
蝋梅と紅梅が見ごろ(白梅はほとんどがつぼみ)









ジョウビタキ(オス)も飛んできた


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(2月6日)

2017-02-07 07:41:54 | Weblog
今日もサポセン大会議室での練習。
ブログ担当はバイオリンのNさん(N.Yさん)。
初めて男性が登場
ではどうぞ!


<今日のお休みは、バイオリンのJさん、Oさん、Kさん、クラリネットのNさんでした。

前回入団されたフルートのNさんは会長から借りた楽器で初めて演奏に参加されましたが、数十年のブランクの影響は大きく、最初のチューニングの時も音が出ないということでした(ご自分のフルートは目下修理中で7月に戻ってくるとのこと)。


練習は、アランフェスとアイーダに充分時間をかけたいとの先生のご意向で、「矢切の渡し」、「アイネクライネ」、「サウンド・オブ・ミュジック」の通し練習からはじまりました。サクッと短時間で終わらせるということでしたが、いろいろとダメだしがあったりして、結局1時間ほどかかって終了、そのまま「アランフェス」の重点練習に突入しました。


アランフェスでは、それぞれの楽器の音のバランス、クレシェンドとデクレシェンドのつけ方、キーボードの対象楽器の選定など本当に事細かな指示がありました。残念ながら先生のイメージされるアランフェスにはまだ道遠しのようです。
その一方で、先生のこの曲にかける強い情熱とわれわれ楽団の対する期待のようなものを感じました。
テンポの遅い曲ですし、譜面的には簡単に見えますが、奥の深い曲のようです。
せいぜい練習に励みましょう。


アランフェスの練習が約50分で、休憩の後、残り時間で「アイーダ」の重点練習。
楽団として3回目の練習にしては結構弾けていると思いましたが(私は個人的には今日が2回目の練習でやっと慣れたところ)、先生の要求水準は高く、時間の関係もあって前回と同様に曲の途中での練習終了となってしまいました。


この曲は、最終的にシューベルト・コーアとの共演となりますが、同じ形での演奏が吉元先生が指導されているサンシティアンサンブルの記念演奏会(2月19日(日)13時開演、板橋区文化会館大ホール)で聴けるとのこと。
時間のある方はぜひ聴きに行きましょう>。

サンシティアンサンブル10周年記念演奏会のチラシ
(クリックすると拡大します)
               



N.Y



<連絡事項>

1.次回練習:2月13日(月)公民館ホール(4F) 
  午後から役員会(第1会議室)


葛西臨海公園カメラ散歩(2月3日)
水仙が見ごろと言うことで行ってみました。




富士山もきれいに見えた


東京ゲートブリッジ


白梅が咲き始めていた(メジロが飛び回っていた)





WAKA


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(1月30日)

2017-01-31 08:42:10 | Weblog
今日のブログ担当はキーボードのMさん(Kyokoさん)です。
コメントしていただいたことはありますがブログ本文は初登場です。

<年が明けて、早くも1月最後の練習日です。なんと、四月並みの気温だそうで、暖かいスタートでした

前回の練習の時、見学にみえたフルートのNさんが、入団してくださいました。
良かったですね〜

早速、楽器運搬等積極的に協力いただき、今後の大活躍期待してます

会長より、まずは、3月5日(日)サポセン音楽祭の説明があり、当日衣装も決まり、前回とは、また、違ったステキな演奏会になりそうです

今日の練習の最初は

☆ アイネ・クライネ・ナハトムジーク(第1楽章)

私を含め、アモーレでの演奏は始めての方もいらっしゃったことと思いますが…
Y先生の「サクッといきたい」のお言葉に答え、サクッといけましたでしょうか?
本番はホールなので残響も違ってくるので、弾き方を考えてください、とのご指導がありましたね。

☆サウンド・オブ・ミュージック(メドレー)
前奏曲は、アルプスの雰囲気を醸し出して、6/4拍子になる箇所は、数え間違いに注意ですよ
エーデルワイスの転調、ひとりぼっちの羊飼いでは、メゾフォルテ・フォルテ の使い分けをちゃんとすること。
すべての山にのぼれ、に入る時は、細心の注意を払う等細かくご指導いただきました

休憩

☆アイーダ
その前に、現在進行形で編曲中の 「007メドレー」の予告。
10周年記念となる第5回 定期演奏会は7月2日とはいえ、実質の練習は6月まで…。
意外と時間がありませんねぇ〜ドキドキ

アイーダでは、まずは前曲のアランフェスを引きずらず、合唱が入るので華やかに
そして、絶えず合唱が入るイメージでの練習でした。
伴奏系は音を出す(と言ってもメゾフォルテ)。変な感じがしても出す!出さない!をハッキリとしましょうね。

そして、先生が、どっとお疲れになったところで、今日もアイーダ最後までいけず、お時間となりました

☆練習後片付け後
今日のブログにはネガティブなことばかり載せないでくださいね!と先生からのお言葉でしたが・・・(/ー▽ー)/フフフ、、、

Kyoko


先生からご指示頂いたyoutubeで見つけた演奏です。
ふたつご紹介します。

最初は映像の入ったもの。分かりやすいですね(Kyokoさんから)。
次に映像なしですがもう1つ、テンポはウィリアムスより、少しだけ遅めですが、深みのある良い演奏なのでぜひ参考にしてください、との先生のコメントです。

John Williams(ジョン・ウィリアムズ) - CONCIERTO DE ARANJUEZ 2nd Movement - Rodrigo


「アランフェス協奏曲」より第2楽章adagio/ホアキン・ロドリーゴ



<連絡事項>

1.入団:前回見学に来られたNさん(フルート)が入団されました。一緒にアンサンブルを楽しみましょう。

2.第1回サポセン音楽祭(3月5日)のタイムテーブルなどの説明があった(資料配布)。

3.2月のブログ担当決定:今月の担当者からリレー方式で指名された。
            6日 Nさん(バイオリン)
           13日 Hさん(フルート)
           20日 Iさん(キーボード)
           27日 Fさん(バイオリン)

4.次回練習:2月6日(月)サポセン大会議室


アンデルセン公園のチューリップ(早咲き)
1月初旬に撮影したので今は終了していると思われる。












WAKA




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アモーレのホームページ

2017-01-21 08:03:36 | Weblog
松戸シニアアンサンブル”アモーレ”のホームページもぜひご覧ください。

   アモーレのホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(1月16日)

2017-01-17 07:57:26 | Weblog
早くも今年2回目の練習はいつものサポセン大会議室。
今日の担当はフルートのTさん(E.Tさん)。ブログ初登場です。


今日は 朝から厳しい寒さでしたが、大会議室は暖房を入れてくださっていたのでほっとしました。 また、団員がフルメンバー で 先週に引き続き、遠方よりのKさんがいらっしゃり熱い思いが伝わってきます。

また今日はフルート希望の見学の方がお見えになって、練習風景をご覧になり、終了後の後片付けも手伝ってくださいました。どうも有り難うございます。

練習は <アランフェス>から始まりました。
三連符が出てくるので てこずりますが、クリア出来ると カッコいい曲ですね。バイオリンパートは、一番盛り上がる箇所のリズムが正しく出来た、と合格点をもらいましたね。 主旋律がどのパートかを意識して強弱をつけましょうとのことでした。

続いて<好きにならずにいられない>です。
ハープとピアノの三連符の刻みを聴きながら演奏するよう指導を受けました。この曲は いつものアモーレ色を出さずに、あまり頑張りすぎないで演奏すると ちょうど良くしっとり出来るのでしょうか…

休憩をはさんで<新世界>を練習しました。
冒頭は徐々にクレシェンドしてフォルティシモに向かうこと、走らないように、クレシェンドのあとはディミュニエンドをしっかり、フォルティシモからピアノに移る所に気をつけること、との指摘がありました。ドラマティックな曲なので、練習を重ねてどんな世界ができていくのか 期待が膨らみます。

以上、本日は3曲を細やかに練習して時間となりました。

次回(30日)は、3月の演奏会の曲目をするそうですね。一週間空きますので、忘れないように自主練習をしましょう

E.T


<連絡事項>

1.4月までの練習日程表配布

2.2月以降のブログ担当は今月の担当者がリレー方式で指名することになった。

3.新年会(2月27日)の出欠を確認した。欠席の方は幹事のMさん(KB)に連絡願います。

4.サンシティアンサンブル(板橋)10周年記念コンサートが2月19日(日)に開催されます。
  今日再度ちらしが配られました。ぜひ聴きに行きましょう。

5.見学者: Nさん(フルート)最後まで練習を見学していただきました。後片付けまでしていただきありがとうございました。
       入団していただけるとうれしいですね。

6.次回練習は1月30日(月)大会議室です。23日の練習はお休みですのでご注意ください。


自宅近くの公園では椿の落下が始まっていた





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の練習(1月10日)

2017-01-11 08:28:16 | Weblog
新年おめでとうございます。
いつもは月曜日が練習日ですが9日は全館休館日なので今日(火曜日)の練習となりました。

今年初練習のブログ担当はバイオリンのYさん(ya,yaさん)です。
数年前に一度ピンチヒッターでお願いしたことがありました。


2017年、平成29年の初練習です。今年もよろしくお願いいたします。
 今日はご都合でお休みの方がいつもより多かったですが、久しぶりに遠くからお越しのKさんを含め元気に顔を合わせることができました。
 今年は7月に10周年記念 第5回定期演奏会があります。その前にもサポートセンター音楽祭(3月)、春のミニコンサート(3月)、松戸市音楽協会大音楽祭(5月)などの予定も組まれています。どの曲も練習を積んでより良いものにしてお客様に喜んでいただける演奏をしたいものですね。

では、本日の練習の様子です。

《好きにならずにいられない》
 先生が、団員一人ひとりの顔を思い浮かべながら編曲をしたという曲。アモーレのための曲。
 今日が初めての音合わせです。
 
 前半Fまでは静かに静かに・・・・ Fから後は情熱的に・・・・
 各楽器、各パートごとに細かに指導が入りました。
 しっとりとしたきれいなメロディに、ゆったりとした気分になりました。


《 アイーダ 》
 以前に演奏をしたことがあるそうですが、団員の3分の1近くの方が(私も含めて)初めて演奏に参加します。かっこいい曲!合唱も入るので
 仕上がりが楽しみです。

 これも細かくストップがかかりながらの練習。今日はLの手前までで終わりとなりました。
 どの曲もそうですが奥が深いですね。
 
《アランフェス協奏曲 第2楽章》
 楽譜が本日配布されました。これもアモーレ仕様。曲の感じをつかむために早速音合わせです。
 美しい曲ですが、初見ということもあり、次回までにはしっかり譜読みをしておきたいと思いました。

  ※ ヴァイオリンはミュートが必要となるそうですのでご用意をお願いします。


《新世界 4楽章》
 私は「新世界」というと、子供のころを思い出します。田舎町のバス停近くの柱の上にラッパ型の拡声器が3つ(4つ?)。 
 夕方になるとガサガサ擦れた雑音とともに『家路』が耳を塞ぎたくなるような大音響で鳴り響いていましたっけ…。

 さて4楽章。最後まで通しました。 「皆さん忘れていなくて良かった。ヴァイオリンもだいぶ慣れてきて良くなった。」との先生の
 お言葉でした。嬉しいですね。さらに磨きをかけましょう!


最後に先生より、「次回は特に『アイーダ』と『アランフェス協奏曲』はよく見ておくように。」とのお言葉がありましたね。頑張りましょう!

では、皆さま寒さに負けずにお元気で。また来週お会いしましょう

ya,ya


<連絡事項>

1.役員会:2月13日(月)練習後開催します(13:00-15:00)

2.総会:2月27日(月)練習前に開催します(10:00-10:30)
            *練習後、新年会(懇親会)13:30~ 場所はラッフル

3.4月練習日決定:3日(月)大会議室
         10日(月)公民館ホール
         24日(月)大会議室

4.次回:1月16日(月)大会議室

waka


自宅近くの江戸川から富士山がはっきりと見えた日

手前の建造物は「外環道路」


富士山とスカイツリー





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます♪

2016-12-31 23:45:23 | Weblog
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスコンサート@松戸市民交流会館

2016-12-20 16:10:50 | Weblog
今日のブログ担当はバイオリンのHさん(Mayuさん)です。

クリスマスコンサート

今日は今年最後の本番で、松戸市民交流会館(新松戸)でのクリスマスコンサートでした。
市民交流会館は元小学校(北小)があった所で、以前ここの音楽室でアモーレは練習していました。
当時は廃校になった学校だったのですが、すっかり綺麗な市民交流会館に生まれ変わっていて、当時を知っている団員はびっくりでした。

9時前から集合した団員もいてリハーサルをして、11時15分からコンサートが始まりました 
お客様も80人ほど入ってくださって、ほぼ満員です。いつものようにMさんの優しい暖かい司会で始まりました。

ここはマンション五番街のすぐ近くということで、最初の曲は「五番街のマリーへ」でした。早速お客様にも歌っていただき、順調にスタート その後は「高原列車は行く」「また会う日まで」「ラ・クンパルシータ」「アラビアのロレンス」「青い影」「明日に架ける橋」「思い出の青春アルバムⅡ」と順調に進みました。

いよいよ最後のクリスマスソング、先生はサンタさんになり、団員3人がコスプレすず担当で盛り上がりました そしてアンコールのアンコールに応えてもう一度「五番街のマリーへ」を一緒に歌って閉会となりました。

その後は場所を五番街集会所に移してお世話になった五番街写真クラブの皆様も加わって美味しいお弁当で昼食会をして、今年最後のアモーレ本番は楽しく終わりました。なお、サンライトパストラル五番街写真クラブの方々には写真やビデオを撮っていただき、昼食会の時には上映会(撮りたてビデオ)もしていただき、ありがとうございました この場をお借りしてお礼申し上げます。

では皆様、良いお年を


Mayu


初めての会場で狭いのではないかと心配されましたがなんとか工夫して楽器を配置。無事に今年最後のコンサートを終えることが出来ました。
団員の皆様、今年1年間お疲れ様でした。今年の目玉は何と言ってもトリフォニーでのコンサートでしたね。

来年はいよいよ10周年記念コンサート(7月2日)が待っています。
新年は10日(火)から練習開始です。
新曲も配られましたのでしっかり譜読みをしておきましょう。

それでは皆様どうぞ良いお年をお迎えください。


WAKA


当日の写真を五番街写真クラブのH会長に撮っていただきましたのでご紹介します。

Photo by K. Harada


















場所を移して昼食会(写真クラブの皆様も一緒に)










五番街写真クラブのメンバーであるマレーンさんはリヒテンシュタインのご出身。
ドイツ語が公用語なので先生とドイツ語でおしゃべりしていました


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加