ブログ 松戸・流山・柏テコンドークラブ

インフィニティ テコンドー道場ブログ
お問い合わせはお気軽に♪
matsudo-tkd@wind.ocn.ne.jp

全日本ジュニア ~赤帯トゥル①~

2017年08月02日 | 試合
@あんりマニアの皆さんこんにちは!(超少数派) 私@とういうと、全日本の応援と、昨日の田中練習ではしゃぎ過ぎて、 声がガラガラです(--;)

 

まずはじめに、

11人揃って無事試合に出場できたことに感謝です!!

この、当たり前のようで当たり前ではない「出場できた!」ということに

写真を見返しながら幸せを感じます^^

 

試合ですから、日々の練習を重ねるにつれ、どうしても傲慢な気持ちになる時もあるでしょう。

それが全日本、大舞台の試合なんですから、

勝った、負けたという結果に縛られたくなる気持ちは十分共感できます^^;

 

ですが、今回のジュニア選手たちは違いました!!!!

 

私(@)がキャーキャーピーピー言ってるのに反し|゚Д゚)))

選手たちはというと、結果という「過去」に縛られることなく、

目標を持ち、進むことで自身が獲た「成長」という大きな財産を

大切に持ち帰ってくれたようです^^

 

私自身、自身の試合でも、沢山の方に助けられながら、生かされていたのにも関わらず、

表には出さずとも、もしかすると心のどこかに、傲慢な気持ちが隠れていたかもしれません。。。

応援してくれた道場生、支えてくれた家族、自分を強くしてくれた先生たちに、

心から感謝の気持ちを試合直後に伝えられていたのだろうか。。。

 

負けたから、それまでの道が間違っていたのか?

勝つために練習したのか?

試合に勝つということと、自身が強くなるということ。何が違うんだ?

 

試合中、全力でぶつかる子供たちを見て、

試合後、結果に関係なくキラキラした笑顔でお礼を言ってくれた選手たちを見て、

1日かけて行われた全日本選手権が、

今後さらに前進していく子供たちの通過点であり、過程というたった1日の時間であったことを再確認しました。

子供たちから「武道」を感じ、学ぶことができた貴重な日となりました☆

 

 

 

試合は、相手がいるものですから、なによりもまずはじめに「礼儀」の

精神を重んじなければなりません。

それは、単に、挨拶をすることではありません。

「互いに敬い謙虚であること」

敬うということは、自我を捨て、相手を尊重するという大変難しいことなのです。

 

緊張したから負けた

自分の調子が悪かったから負けた

間違えたから負けた

 

これではきっと一生かかっても試合には勝てないでしょう^^;(私自身も呪縛から抜けられない時多々!!)

 

緊張しない人、調子の悪くない人、間違えない人、なんて、いないんです。

 

負けた理由はただ1つ、相手選手が強かったから。

 

相手も君たちと同じく、一生懸命練習してきたんです。

 

非我することはありません。

自分以上に一生懸命練習してきた相手に出会えたことに感謝し、共に戦えたことを誇りに思えばいい。

 

手を抜いて練習する時だってあるでしょう。

先生に反発したい日だってあるでしょう。

完璧な人なんてそもそもいないんですから、その為に日々精進していくのです。

 

時に立ち止まり、時に後退し、時に道を間違え、

そんなことを繰り返しながら、一歩一歩前進し、少しずつ成長していきたいものです。

 

 

試合後、自分に勝った選手と、楽しそうに話す子供たちを見て、

礼儀の真意を思い出せました。

 

 

 

 

 
前置きが長くなってすみません^^;
 
 
 
それでは、大きな成長を魅せてくれた、うちが誇る自慢の選手たちをご紹介します!!!
 
 
 
 
 
山本ゆいか!!
 

 

全日本出場権をかけて、6月に難しい赤帯昇級審査を受けました。

彼女の全日本練習は3月から始まっていました。

 

というのも、何か特別な練習をしたというわけではなく、

同期たちが先に昇級した3月。

強く高い志しがあるのにも関わらず、伸び悩む技。

おいていかれる焦り、惨めさにぐっと耐えながら、

日々指摘される「基本動作」という、難しい練習と向き合う毎日です。

 

 

 

「出来るようになる為に頑張る!」というのは、意外にも難しいことではありません。

それより、「難しいことに向き合うだけの練習」というのは、誰でも出来るわけじゃありません。

 

向き合うだけが練習なのか?と思われるかもしれませんが、

これはとても大事で、とても難しい練習なのです。

 

今までの素敵なゆいかを形成していた、努力、責任感、プライドを否定され

完全に迷子です。^^;

 

 

頑張れば、結果が出た下級帯時代。

 

しかし、全日本に出てくる選手で、頑張ってない人なんていません。

彼女の戦いは、「頑張れば上手くなる」というゆいか最大の強みを捨てることから始まりました。

 

 

ゆいかへ。

あなたは、とてもキラキラした、とってもとっても素敵な子です^^

私はあなたの黒帯になりたい気持ちを、誰よりも分かっているつもりです。(パパママ除く)

いつもみせる笑顔と大きな体は、

ゆいかに潜む打たれ弱さや、気の小ささを隠してくれますから、戸惑うことも多いでしょう。

 

 

日々、先生たちの厳しい言葉に耐えるのは、容易ではないでしょう。

しかし、あなたの目指す場所は、それだけ困難な道なのです。

だからこそ、その輝きに魅了され、あなたは是が非でも目指したいと思っているのです。

 

誰でも手にする事ができるわけじゃないからこそ、目指すだけの価値があるのです。

 

そして、あなたの魅力は沢山の深い仲間を集めます。

これからもその沢山の仲間を大切にし、支えてもらえていることに感謝しながら

目標に向かって前進して下さい!

 

一緒に黒帯として楽しく練習できる日を心待ちにしています☆

 

 

 

 

 

あら。。。長くなってしまったので、赤帯トゥル編はまた次回に続く☆

 

 

photo by Kumiko.I



コメント
この記事をはてなブックマークに追加