ブログ 松戸・流山・柏・船橋テコンドークラブ

インフィニティ テコンドー道場ブログ
お問い合わせはお気軽に♪
matsudo-tkd@wind.ocn.ne.jp

杏理先生、東日本感想

2017年08月22日 | 試合
杏理先生からコメントが来ました。
テキトーに写真を貼り付けます。

がはははは!




先日、東日本予選会に出場してきました。

結果は、トゥル、マッソギとも初戦敗退。
内容は、惨敗です。


沢山の生徒がいるにも関わらず、いまだ未熟な自分であることを深く反省しています。


ただ、せっかくの惨敗、大敗ですので、
だからこその感想を書きたいと思います!!( ̄▽ ̄)


いつも負けた試合の後に思うことなんですが、
敗因は、「練習が足りなかった」に尽きます。

その「足りない練習」が、量だったのか、質だったのか。
情熱か、知力か、力量だったのか。
何が足りなかったかはその都度違えど、
とにかく、練習が足りなかったことをいつも反省してしまいます。


ところで、今まで自分の過去は振り返らない私でしたが、
この度の惨敗、反省を機に、自分がこれまでどのくらい試合に出たのか数えてみました^^


私は今回の東日本予選会で、
全18大会に出場。マッソギは、34試合目だったようです。(トゥルは記憶が曖昧^^;)

うちの少年部達からしたら、とても少ない数。。。|д゚)


ですが、私は自宅で1人これを数えながら、不覚にも涙が出ました。ちょっとですよ。ほんの少し。
少しだけど、涙が出るほどだったのかなーって。


過ぎてしまえばあっという間で、それほど辛かったわけではないのかもしれないけど、
「あー。18回も出たのかー。。。」って。
試合が終わったばかりでほっとしているのか、少し気持ちと涙腺が緩んだようです。


マッソギ。最近の私は1回戦敗退がほとんどなのに、ほんとに34戦もしたのかな?
その内、2回闘ったことがある選手が4人いるので、30人の選手と試合をしたみたいです。



大人の私にとって、30人との試合は、30通りの組手を勉強できたわけですから
十分な経験です。財産です。
本当はそれだけでも良しとしたいところですが、
やはり、「練習が足りなかった」という反省は尽きないものです。


ですが、いつも考えていました。
優勝者以外は皆、負けて試合が終わるものです。
ということは、練習が足りなかった事を反省しているのは
私だけではなく、試合に出場した大半の人が思うことなのでは?


そんな自分が行き着くのは、
「試合に出ない理由に<練習不足>は使えない。」


しかし、主婦が本業の私。
24時間365日母である自分が、自身の練習に時間を使うことがいつも悩みでした。


自身のトレーニング時間を、子供たちの宿題を見てあげる時間に充てた方が良いのでは。
練習しに行く時間があるなら、その時間を子供と一緒に布団に入り、

本を読み聞かせ、その日あった話を聞いてあげる時間にすべきなのではないか。
いつもそんな風に自問自答を繰り返していました。



本業との時間配分を模索し、
試合に出ない理由を探していたら、

気付いた時にはコートの上でした^^;自分のあほさにびっくりですヽ(;▽;)ノ


そして、試合が終わって2週間になろうとしている今も、
試合に出る理由を考え、出ない理由を探している自分がいます。


道場生たちが試合で一喜一憂する姿や
リビングで過去の試合ビデオを見直し、はしゃぐ我が家の子供たちを見ると
いつも羨ましいなと思います。

no reason. 理由なんてないよ。
たかが試合に出るだけで理由が必要か?


東日本の会場で見る選手たち、道場生、子供たちの姿からは
そんな声が聞こえるような気がいつもしています。


こんなことばかり考えてしまうのは今に始まったことではなく、
実は始めた時から、ずっとです。

初試合がちょうど6年前だったのですが、
その時も、その時から、ずーっと同じことを考えています。

6年間同じことを悩み続けているのですから、
もしかしたら、10年後も、もしくは永遠に、自問自答し続けるのかもしれません|д゚)
いい加減、疲れてしまいます。嫌になってしまいます。

それでも自分が答えを見つけられないのは、
私が相当頭が悪いのか^^;
または、
これが武道というものなのか。今はまだ分かりません。



最後に、
試合に出たことで、1つだけ良いことがありました。

主婦になり、仕事もそこそこやれると、自分を見直すという瞬間が極端になくなります。


30歳の私もそうでした。
不満をたれ、世のせい人のせいにすることはあっても、
本気で自分を見直すことはなかった気がします。

日々子供が着実に成長していく中、
自分も同様に成長できてると錯覚してたと感じた瞬間、自身を律する術を知りませんでした。
プライドが先行し、恥をかく勇気もない私は、大人特有の言い訳を上手に使える人でした。



東日本予選会の1週間前、全日本ジュニア選手権がありました。
大活躍のジュニアたち。



道場生たちが着実に成長していく中、
自分も同様に成長できてると錯覚…こそせずとも、もしかすると近い感覚はあったかもしれません。

プライドの有無は不明ですが、慕ってくれる道場生が増え、
恥をかく勇気がない私は、大人特有の言い訳を探していました。


テコンドーを始めた頃の自分を思い出せたこと、それが今回出場して1番良かったことです。



今日まで私を信じて下さった先輩みなさま、応援してくれた道場生、パパママ方、
不出来な私をここまで育てて下さった師範。
皆様のおかげで試合に出ることができました。
本当にありがとうございました!!
初志を思い出すこのような機会を頂けたこと、皆様に深く感謝致します!






杏理

@@@@@@@@@@@@

体ボロボロでしたが、
よく出場したと思います。
棄権せず最後までやった事は立派でした。

色々思う事があり、
当分試合は出なそうですが、
いつか気が向いたらまた挑戦してくださいね。

お疲れサマンサタバサ。。>^_^<

寺島先生より



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~ゆりな~

2017年08月17日 | 試合

@@@

 

ラストは、ゆりな!!

 

マッソギ全日本3連覇、おめでとう!!!

 

 

元々は、マッソギが大嫌いな子でした^^;

昔は女子の人数も少なく、試合といえば小学低学年までは男子と戦うことがほとんどで、

1回戦負けも長く続きました。

 

運動が得意なわけでも、競うことにも興味がない方でしたから

まさか、中学生になってもテコンドーを続けるなんて

当時の私では想像できませんでした^^;

 

歌とダンスが好きなごく普通の女の子でした^^

 

 

関東の全大会に休まず出場を続けましたが、

初めて金メダルを獲ったのは、マッソギは小4。

トゥルは、テコンドーを始めて8年目(小5の冬)黒帯になってからでした。

 

表彰台常連の妹さゆりや道場生たちと

どんな気持ちで敗戦する試合に出続けていたのでしょうか。。。

 

 

 

最近は体も大きくなり、正確な動作に、力強さも光ります

 

 

そして、毎年こだわる髪型w

最強の髪型進化中~!

 

 

やはりキャリアの分だけ、

力の出し方、技の理解度は、道場NO.1

寺島トゥルを継承しています^^

 

勝っても喜びません。

負けても泣きません。

 

試合って、勝ったり負けたり、そういうもんでしょ?

 

彼女はいつもそんな風なことを言います。

幼少期の試合を通した学びです。彼女の強さの重みです。

 

 

え~~~!!!

まさかのスペテク!!!Σ(゚д゚lll) 跳ぶゆりな、初めて見ました(o ̄∇ ̄o)♪

 

 嬉しそう( *´艸`)

 

 

 

 

「立派に見える選手も、小さい頃からそうだったのではなく、少しずつ1歩1歩成長したんだよー」っていう昔話をする所ですが…。

百合菜に関しては、

彼女のどん臭さも、天才肌ではないことも、かと言って努力家ではないことも

今尚しっかり出ちゃっていますし、何を書けばいいのやら^^;

 

百合菜バズーカと呼ばれる最強トラも、

先生たちみんな、根気よく教えましたから!!

上手くなったのは当然です^^;

 

余談ですが、私よく、怪我します。。。

子供たちを強くする為に自らミットを持ち、ミット越しに私の骨が負けること3回。。。

その1回が、百合菜です(;_;)

あなたの蹴りの重さは、私の骨が知っている(´-ω-`)

 

先生たち、身削って教えてるんだよ!!!少しは感謝せい百合菜~~~!!!!

ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ

 

 

周りが皆「強くなりたい!」と日々稽古を積む中、1人

「ママに褒められたい(o ̄∇ ̄o)♪」という一心でやり続けた超レアキャラ百合菜。

心は幼年。体は成年。|д゚) それでも強くなったんだから、これもあり?^^;

 

 

 

百合菜も直斗も涼音も、技の体得だけではなくスポーツ障害も経て、沢山の苦難を乗り越えここまで強くなりました。

幼い頃から体を酷使し、中学生くらいの大きな体になるまで続けていると、様々な障がいが起こり待ち構えています。

 

中だるみすることもあるでしょう。

百折不屈。。。またこの繰り返しか…と、飽きることもあるでしょう。

志しを抱くことが面倒だと感じることもあるでしょう。

ですが、目の前をふさぐ壁が高ければ高いほど、その先に至るものが

尊く、価値あるものだということも分かっているはず。

 

だからこそ、みんなが憧れ1度は挑戦してみたいと思う全日本!!

それを3年連続出場できているのだからすごいな!

 

 

 

百合菜へ

 

君が率いる松戸最強軍団、とてもかっこよかったです!!

自慢の赤帯6人衆。頼りになる黒帯たち。

百合菜はこの子らに教わったことがないと思うが、うちの最強軍団は皆、

君に今まで何かしらを教わり、ここまできました。

君なしに松戸最強軍団なんて、成し得なかったのかもしれません。

今まで本当にありがとう!!

松戸を牽引し続けてくれて、本当にありがとう!!(初めてお礼を言ったかも^^;)

 

 そういえば、今まで君には、エースとか、天才とかいう称号はなかったけど、

せっかくなのでお礼の意味を込め、称号を授けようと思う・・・

 

 

 

 

 

んーと

 

 

来年までに考えますm(_ _)m

 

 

 

トゥル3位入賞、マッソギ3連覇、おめでとう!!

 

もっと練習せい( `ω´ )

 

でも、

強くなったね

かっこよかったぞ

称号なんていらないでしょ?

君は十分、輝いている。

 

 
 
でかした( ̄▽ ̄)

 

 
@@@
 
 

 Photo by Hiroko.F

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~とおや~

2017年08月13日 | 試合

@ 

 

エースとおやの登場です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川口、日野、埼玉と安定したトゥルで3連勝中でしたが、

 

是が非でも獲りたかった全日本!惜敗です(>_<)!

試合って難しい。。。だから、面白い!!

 

 

松戸、柏たなか道場生、子供たちの憧れです!

エースの悪口を言うのは忍びないので、昔話は省略^^;

 

 

もー、ここまで強くなったんだから、なんでもいいよね!!ヽ(*´∀`)ノ

 

さすがの透弥!

 

さすがです!2

 

トラの練習いっぱいしたよね^^

 

本当に強くなりましたね(;_;)

 

 

 

 

いや・・・。でもやっぱり少し言わせて…(´-ω-`)

 

 

 

 

 

あら。。。

 

やっぱりこの涙見たら

 

言えません(>_<)。。。

 

同期が辞めていった中、ここまで続け残った結果、とんでもない男に成長していました!

テコンドーが好き。それが今の彼を作りました。

テコンドー魂2に出たい!!その気持ちが今の彼を作りました!ヽ(・∀・)ノ(そうなの!?)

 

 

おめーは最強だぞ!!!

それでいいじゃないかヽ(・∀・)ノ

良い所も悪い所も、全部ひっくるめて



俺が福田透弥だ!!!

 

 

みんなこの背中についていけーーー!!

 

マッソギ準優勝!おめでとう!!

ですが透弥は、負け続けることで強くなった選手なので、

今後の活躍が益々楽しみです!!

 

うちが誇る自慢の大エース!

これからも、よろしくね^^

 

 

Photo by Hiroko.F(息子の写真だけを撮っていたい所だろうに、いっぱいの写真をありがとう!!☆)

とおや君へ

 

テラスマ先生より

 

練習時、いつもリードして助けてくれてありがとう。

そして子供ながらに松戸道場の頭を張ってる責任と自覚。

それは試合になるとぐわ~~。。っと押し寄せて来ますよね。

僕が負けてはいけない。さらに同門の後輩には尚更。。(バケモンが二人もおる。。)その重圧は誰にも分りません。。 

が、先生は知ってます。。 よくやってると思います。

 

かなり安定した強さを身に着けたのでこちらは満足していましたが、

とおやの悔し涙を見たら、金メダルを取らせてやれなかった事。。反省。。。 すいま千円。。

改善箇所もあるのでそれを磨いて、来年のお楽しみという事にしましょう!

 

これからもエースの称号に相応しい、輝かしくも険しい道は続くのだ。

これからも色んな面での成長を楽しみにしているぞ。よろしくな!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~さゆり~

2017年08月12日 | 試合

@ 

 

続きまして、こちらも天才、さゆ!!

 

 

ですが、前回の天才とは違い、なぜ天才と言われるようになったのか、

全く覚えていません|゚Д゚)))

 

ヨプチュモさゆ!

 

チルギなさゆ!

 

ちら見なさゆ。

 

なぜ笑ってるのださゆ!?

 

いつも優しくしてくれる五郎先生。

幼年部時代3年間、基礎を教えこんでくれた佑翔先生。

 

撮られなれてます。様になってます。

 

さすがです!トゥル準優勝!!!

 

マッソギは、最近ずっと長く苦しい戦い、自分との戦いが続きました。

 

勝ち続けた人が負けて、勝ち続けた自分を捨てるって、難しいんです。

変わることが不安なんです。

でも、変わらなきゃ、結果も変わらない。

 

 

強い人は、強い人を好みます。

セコンドは寺島先生がいい。あんり先生は弱いから^^

笑顔でひどい事を言ってくれますヽ(;▽;)ノ

 

 

 

マッソギ優勝!!!

共に歩んできた姉ゆりなと♪

 

さゆりへ。

君は、幼年部時代の3年間、間違いなく最高の問題児でした|゚Д゚)))

小学生になってからも、君が優秀だと思ったことはありません^^;

あなたを育てる為に、沢山の大人たちが忍耐しました/(-_-)\

同じ天才と呼ばれる翔斗とは違い、我が強く、理解力はお世辞にも褒められたもんじゃありません。

柔軟性は日々のストレッチから成ったものですし、

運動神経もいたって普通、体も弱い。

天才とは、天性の才能を持っていることを指す言葉ですが、

はたして君の才能とは何のことでしょうか?^^;

 

君は自分にも厳しいけど、人にもとても厳しいです。

だから仲間との衝突もしょっちゅうで、団体チームに入れるのはいつも躊躇します。

そんな君がなぜ入賞できるのか、とても不思議です(・・;)

 

ただ1つだけ褒められることがあるとするならば、

あなたの練習量は、松戸NO.1です。

それは、3年先輩のお姉ちゃんよりも、勝るものです。

 

不器用な人がこれほど練習を続けられるというのは、私は見たことがありません。

普通の女の子でも、努力次第で成せることを知っているあなただからこそ、

人に厳しく、そして優しくもできるのでしょう。

 

人が、何をもって天才と言うかは分かりませんが、

もしその呼び名が心地良いのなら、そのまま突っ走っちゃって下さい!!ヽ(´▽`)/

 

1回戦で負ける君も、全日本でかっこいい勝ち方する君も、

どちらの君も私にとっては天才さゆりです^^

 

 

おめでとう!!!

かっこいいぞ!

 

 @

 

Photo by Hiroko.F

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~しょうと~

2017年08月12日 | 試合

 

 

まだまだ続きますよ~!!!お次は、

 

 

 

言わずと知れた十年に1度の逸材!天才翔斗!!!

 

 

 

 

今年の試合は負けが続きました。

 

 

 

が、やるときゃやるんですこの男。( ̄▽ ̄)

不屈の男しょうと!

 

 

さすが天才!見事激戦区で準優勝!

 

 

 

続いてマッソギ!!

 

かっこいい翔斗1

 

 

かっこいい翔斗2

 

 

かっこいい翔斗3

 

何をしてもかっこいい翔斗

 

相手選手の動きを観察、分析中。

三位決定戦に向け、自分の動きを重ね合わせる。

 

 

稲葉選手との試合は、毎度何回見ても圧巻です!

 

マッソギも三位入賞!!!さすがです!!

 

 

 

 

翔斗を見るといつも思い出します。

 

防具を買ってない人に、防具は貸さない。

これ私のポリシー。

 

当時白帯入りたての翔斗君。

忘れもしない松戸土曜日、多目的室①での練習。

その日は、荒井先生の攻防カウンター練習でした。

君は、先生の話しを一瞬たりとも逃さす聞き、それをできるまで何度も何度も繰り返し体を動かしていました。

君はまだ新入り。

教わったことなど、すぐにはできるようになりません。

練習中、何度も相手に突き飛ばされていましたが、

君は、同じことしかやりませんでした。

動きの全てが、先生の言うことを忠実にやろうとしていました。

 

相手がパンチを出せば、自分も出してみたくなるのが子供の当たり前。

それが君は、教わった技を、ひたすら、先生の言うタイミングで出し続けていました。

 

傍から見たら、ただぶっ飛ばされているだけの君でした。

そんな君が防具をつけて戦うところを見てみたいと思いました。

君の可能性に胸が高鳴ったのを今でも鮮明に覚えています! 

 

 

あの デッキブラシ 防具は、ワシが貸したんじゃ!!!!

 

 

私の最大の自慢です( ̄▽ ̄)!

 

 

元々身体能力の高い子は、言うなら、それまでの間、やんちゃに過ごしてきたという証。

日常生活で片足を上にあげる動きはありませんし、

人を蹴ったことがない子が、ミットの蹴り方が分からないのは自然なことですから。

 

逆に、それらが初めから上手に出来る子は、他の部分で教えなければいけないことが沢山あります。

 

とにかく、どんな子にでも、教える事は盛り沢山なわけです。

 

 

 「教える」ということで指導者が1番時間を費やすのはなんだと思いますか?

立ち方?蹴り方?

 

実は、1番時間をかけて丁寧に教えているのが、技の成る「プロセス」です。

※あくまでも私の指導の中の話です。

 

「先生の言うことを理解する。やってみる。できるようになるまで何度も繰り返す。」

 

このプロセスを知ることが結果、技の体得になりますし、それこそ人生に通ずる学びになるからです。

 

この当たり前の「成すにはプロセスがある」ということを、皆分かっているようで、忘れてしまいます。

諦めます。他のラクな道を探します。

それらを指導者は、長い年月をかけて教えていきます。

上手に見える赤帯にさえも、大人にでも、色帯の期間ずっと、そのプロセスを忘れないよう、練習を通して何度も指導者は唱え続けているのです。

 

 

君が天才と呼ばれたゆえんはそこにあります。

最も時間がかかる学びを、初めからやれたからです。

 

だから君には、技の種類と形を教えれば良かった。

教えさえすれば、君はそれを理解し、諦めずにやる子だったから。

 

 

 

翔斗へ。

黒帯は、楽しいですか?

全日本、強い人たちと戦って、楽しかったですか??

これからきっと、もっともっと楽しい世界が待っていると思います!

それが何かは私には分かりません^^;

強い者同士にしか、分からない世界なんだと思います!!

これからも、寺島先生や荒井先生、他先生達の話しをよく聞き、

さらに楽しいことに挑戦して下さい!!

そして、その楽しい世界がどんな風なのか、

私にも聞かせて下さい^^

 

辛いことがあればいつでも相談にのります☆

でもそれ以外は、私の言うことなんかは聞かず、振り返らず、

スーパーサイヤ人になって下さいヽ(´▽`)/

いつも君を応援してます!

 

 

 @

 

 

 

 

Photo by Hiroko.F

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~すずね~

2017年08月11日 | 試合

 @

 

お次は、今年全日本ジュニア3度目の挑戦で、初のメダル獲得となった

すずね!

 

もう10年以上の付き合いになりますが、今まで褒めた記憶がほぼありません^^;

なので、ブログくらいは沢山褒めてあげようと思うのですが、

 

 

 

 

 

お!ストレート勝ち!!

 

嬉しそう^^

 

表彰式でも、「姿勢を正せ!!笑え!!」と怒られました^^;

 

 

もちろんマッソギ中も、

 

怒られてました|д゚)

 

いけー!すずねー!!!と言って、動くような子ではありません。

ヘタれ度と諦めの早さは、百合菜と並びトップですヽ(;▽;)ノ

すずもゆりなも、基本的に根性なしです(-_-;)

対照的に見える二人ですが、違うのは体格くらいで、お互い厳しい父親の元で育てられていますので

逃げ出さないことだけで必死です。

 

 

 お!ナイスキック!!!(たまに褒める)

 

小さい頃は食が細く、好き嫌いの多いチビスズでした。

食事のことや話し方まで、よく私に怒られました。

「本当はテコンドーなんてやりたくないんだ~゚( ToT )」とよく泣いてしました。

「へーそんなんだ。」と相手にしてもらえなかったチビスズ4歳。^^;カワイソウ

 

 

お父さん思いの、とてもとても優しい子です。

 

幼い頃から自立していたので、物事をはっきり言います。

そのため周りから誤解されてしまうこともありましたが、

自分をしっかり持っていて、かつ、協調性も持ち合わせています。

周りに流されませんが、周りに合わせてあげることができます。

私が同年代だったら、親友になっていたと思います。

 

 

 すずねとは、すずねが黒帯になったら仲良くしてあげる( ̄▽ ̄)

と話してあるので、いつも叱られてるか、放置されてるかで、本人はとても辛いテコンドー生活かと思います^^;

ですが、百合菜はいつもそんなすずねが羨ましいようで、よく愚痴っています。

 

2人が小学1年生(?)の時、一緒に海に出かけたのですが、

私の両手にそれぞれが手を掴んで遊んでいたら、大きな波がきて、2人が溺れてしまいました|д゚)

もちろん私は2人を助けるつもりでしたが、私も溺れかかっていたので^^;

とっさに、百合菜の手を離し、すずを先に抱き抱えてしまったもんだから…ま~大変!(>_<)!百合菜はいまだに

夏になるとその事をほじくり返してきます^^;

2人とも助けたんだからいいじゃないか!と思うのですが、百合菜には苦い思い出のようです。^^;

(言い訳ですが、多分利き腕にすずねが居たとか?多分、身体的問題で、愛情に優劣はありません!←百合菜いわく

それこそ問題だとか?)

 

 

そして今まで数え切れないほど私に傷つけられてきたのにも関わらず、

私のそんな不器用さもよく知っているすずねは、

私がどんな試合をしても、いつも私を褒めてくれます。

彼女の心が度々折れ、その度に私に大激怒されても、

彼女は私の心が折れている時は、いつも優しく慰めてくれます。

 

 すずねに特別な思い入れがあるわけではありませんが、

傍からみたらそうは見えないのかもしれません。

でもそれは、今まで長い年月かけて共に過ごした時間が、そう見せているのだと思います。

 

そして、私以上に長く深くすずを信じ二人三脚でやってきた荒井先生とすずの絆。

テコンドー1つだけでも、2人を察することは、私でも到底理解できないものです。

 

荒井先生、全日本ジュニア金・銀メダル獲得おめでとうございます!!!

 

 

すずねへ。

私はテコンドーしか教えられないから、テコンドーを通して学んだ経験を、

大人になってからでもいいから、いつか思い出し、活かして欲しいと思います。

そして君は人の気持ちが分かる子だから、私が既に心折れそうなことを分かっているかと思います--;

ですが、私は君に、とてもかっこいい黒帯になって欲しいのです。

君の妥協は、私の妥協となります。

たとえその道が険しくとも、先が見えないとしても、それでも後先考えずがむしゃらにやり続けるってのも

素敵じゃないか。

帯の色が変わるということは、何かを変えるということでは?

 

君が変わるか、私が変わるか。

 

すず~~~~~~~( ToT )

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo by Hiroko.F

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~ゆうと~

2017年08月11日 | 試合

 

 

もう中学生になったのか~!

ゆうとです!

 

 

ゆうとが入ってきた時、私は初めて帯別の専属指導員になりました。

初めて担当した、白帯・黄帯クラスは、計17人いまして|゚Д゚)))

 

その時、1番先頭列にいたのが、

当時黄帯だった恩田つばさ、石山なおと、さゆり、とおや^^

 

そしてその17人の1番後ろにいたのが、ゆうとです^^

 

余談ですが、

 才能の有無で言うと、つばさ、さゆり、そしてゆうとは、才能があるタイプ。

透弥と直斗に才能が無いってわけじゃないんですが…|゚Д゚)))スマンm(_ _)m

でも今じゃ立派な黒帯!

 

でも、テコンドーに、才能とか、センスとか、実はあまり必要ないんです。

あまりというか、私は、全く必要ないと思ってます。

むしろ、そういう高い能力が、武道精神を育てていくうえで、邪魔をすることは多くあります。

 

 

ゆうとは、私が見ていた練習生の中では、

器用で、賢く、何より、体の使い方が、テコンドー向きでした。

素直になんでも吸収するので、俗に言う手がかからない「先生孝行な子」です。

 

ですが、先生に自分の気持ちを伝えるのがとても苦手なんだと思います。

不安とか、悔しさとか、不満とか、表に出して先生に助けを求めるタイプではありませんでした。

 

子供なんですから、みんな、少なからず出すんです。

褒められたいとか、可愛がられたいとか。

後輩に先に昇級されたとか、追いつかれた時とか。

試合に負けた時とか、練習で仲間にくってかかってみたり。

忍耐しているつもりでも、何かしら出ちゃうんです。

 

 

特に、弟のあおまが、あからさまに出すタイプだから(^O^;)

着実に成長しているゆうとに、いつも安心していました。 

 

それが、今回の全日本ジュニア。

今まで公式戦に1度も出場してこなかった彼の初試合が全日本とは、

無謀にも見える挑戦です。

 

 

ですが、ずっとゆうとを見てきた寺島師範は、さすがだと思います。|゚Д゚)))←たまには褒める。

 

お母様と話しをし、出場を決めました。

 

お母様が中学校の授業参観に行った時、ゆうとの自己紹介文が掲示されていたようで、

 

 


今やってみたいこと… 「テコンドーの試合に出たい」

 

 

 

 

 

 

 

 

出場できるだけで喜んでくれていたご両親。

出場できただけでも大喜びだった私ヽ(´▽`)/。

 

しかしマッソギの試合が始まると、

1回戦、めちゃくちゃ強かったはずの相手選手が大苦戦。

(あれ?どうしたんだろう?)←ゴメンゆうと(;_;)

 

次々に勝ち進むゆうと!

 

強豪揃いの階級で、勝ち進むゆうとに、私の頭は「???」←ゴメンユウトその2(;_;)

気付いたのは、準決勝の時です。

 

 

ゆうとが強いんだ!!!!!!ヽ(;▽;)ノゴメンユウト!!!

 

 

でも、寺島師範はもちろん、荒井先生も試合前から「ゆうとがやってくれそうな気がする( ̄▽ ̄)」

って自信満々でしたよ^^

 

私が担当していたのは白、黄帯の時。

今は上手さだけじゃなく、とてつもない強さを身につけていたんですね

 

 

 

試合に出るうえで、「経験値」というのは大きな勝因の1つになります。

しかしながら、1番大事なのは、日々の練習。

各地の試合に出場し、練習の成果を喜んだり、悔しんだりしながら日々の練習を保っています。

 

とにもかくにも、結果を出すには、「試合経験」というのはとても大事なことなんです。

 

けれど今回、彼がそれ無しでマッソギ準優勝という偉業を成せたのは、

彼が今までの長い練習生活で、周りからは到底計ることのできない様々な思いをしてきたから。

 

 

 試合の経験は、練習3ヶ月分。人によっては練習40回、50回分になるとも言われます。

それなしに、成長できてきるか、できていないのか、分からない自分と向き合い続けることは

並の子、大人でもなかなかできることではありません。普通は辞めてしまいます。

続けるというのが、1番難しいんだよね。

 

全日本、ゆうとの強さと、

今日まで続けられた古川家の勝利です。

おめでとう!!! 

 

 

Photo by Hiroko.F

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~しゅうたろう~

2017年08月10日 | 試合

 

 お次は柊太郎!!

 

幼年部からやってるしゅうちゃんですが、途中、移籍もあり、

松戸にきてからは地道な下積み時代が長く続きました。

 

基本を1からやり直し繰り返し練習するのは、小学生には簡単なことではありません。

それでも、同級生たちに追いつこうと必死に練習してきました!

 

 

 

 

昔のしゅうちゃんは、弱虫ってわけじゃないんだけど、軟弱でした^^;ゴメンシュウ!

お世辞にも器用なタイプではなく、技を指摘しても、なかなか修正できません|゚Д゚)))

 

でも、黄帯・緑帯の課題って、それだけ難しいんですよね。

 

さらに、白帯の動作から直させることが多かったので、自身との戦いが長く続きました。

 

 

青帯になった頃から、今までコツコツと積み上げてきたものが開花し始め、

多くの変化がありました。 

 

1つのことを教えると、3つ、4つ変えてくれるのがしゅうちゃんです。

 


ここ最近の成長と理解は格別で、とても頼りになる存在に成長しました!

練習の意図を組むのがとても早いので、私も指導で何度も助けられました。

 

松戸はみんなが努力家。みんな頑張りや。

ですが、努力家以上の努力家しゅうたろう。

地道にコツコツとひたむきにやり続けると、こんなにも人は成長するんだ!

と教えてくれたのがしゅうちゃんです。

休憩中や練習後に、教わった技を復習している姿をよく見かけます。

 

 

そんなしゅうちゃんを私がママに褒めて話しても、

ママはよく、「先生方の指導が良いから^^」と言ってくれました(;_;)

 

しかし、試合に出てもなかなか結果に繋がらないことが多かったので、

私はいつも申し訳なさでいっぱいでした。

 

いつも素直に私の話しを聞いてくれるしゅうたろうですが、

1度だけ、あからさまに反抗してきたことがあります|゚Д゚)))

 

それは青帯の頃、合宿で、ドッジーボールをやった時のこと。

チームが負けて、超ふてくされてました(笑)

 

アホか~~!!!ヽ(`Д´)ノ と一喝したのですが、しゅうたろう、怒ったままでした(笑)

 

その時初めて、しゅうたろうの奥に秘める負けん気の強さを見て、

今ままで不器用だと思っていた彼が、休憩中、練習後に1人で、教わった動作を何度も何度も繰り返しやってきた

真意を見た気がしました。

 

 

 

全日本では、トゥル2回戦。マッソギ3位入賞!おめでとう!

 

 

誇るべき結果ですが、でも本人は、試合後の練習で、素敵なコメントと今後の抱負を語ってくれました^^

 

 しゅうたろう、これからも宜しくね!^^

 

 

 

photo by Hiroko.F

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~なおと~

2017年08月10日 | 試合

 

 なおと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なおとには、めちゃくちゃ長いメールを送ったので、コメントは割愛^^;

 

 

 

一言だけ。。。

おめーは、めちゃくちゃ強くなったぞ!

これからだ!!

 

 

 

私の自慢の黒帯です( ̄▽ ̄) 

 

 

 @

 

 

Photo by Hiroko.F

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~たくほ~

2017年08月09日 | 試合

@ 

 

お次はたくほです!

 

 

去年は怪我に苦しみながら、それでも練習を見学に来て

忍耐が続くことが多かったたくほ君。

 

 

今年は力強さに磨きがかかり、

安定したトゥルができるようになってきました!

 

 

 

 

とても頑張りさんなので、今後の成長にも期待ですね^^

 

 

 

今年は団体トゥル松戸Aチーム入りを2回連続で果たし、

仲間にも育てられて、順調に成長中です!

 


 

 

マッソギは、本人も自信がついたようで、

強くなった自分に嬉しそうにしていたのが印象的です。

 

また、セコンドの福田先生とも息がピッタリなので、

今後の活躍も楽しみです^^

 

 

 

 

試合では、大きな黒帯選手相手に善戦しましたが、結果は惜しくも敗退。

しかし、本人はきっとまたさらに強さを磨きをかけて、来年に向けて頑張ってくれるでしょう!!!

 

 

 

 

きっりとカッコイたくほ!

 
 
 
この調子で突っ走ろう!!^^
 
 
 
とっても強くなったね!!
 
 
 
 
 
photo by Hiroko.F
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~はくと~

2017年08月08日 | 試合

みなさんこんにちは!!

お元気ですか?^^

私あんり先生は、すこぶる元気です!!

 

元気だったのですが、ブログはおさぼりしていました^^;

毎日いろんなことがありますね。

勉強も、お仕事も、家族のことも、

毎日毎日いろんなことがあります。

 

そんな中、練習をする、試合に出る!って、本当に大変なことなんですよね。

大人の私ですら、ブログだっておさぼりしちゃうわけなんですから|゚Д゚)))

みんながブログを楽しみにしてるって分かってるのに書けなかったわけで。

 

試合に向けて頑張って練習しなきゃいけない!

それが分かっていても難しい。

だからこそ、乗り越えた時に、人が羨むほどの強さを身につけているのだと思います^^

 

 

ところで、

 今でこそ盛り上がっている松戸幼年部ですが、昔むかし、2度の存続危機がありました。

1度目は、百合菜、すずねが幼年卒業の時。

2度目は、はくと、さゆりが幼年卒業の時。

 

幼年部を育てるって、とても大変なんです。

だから、幼年部をやめようとしていた時期がありました。

 

1度目の、百合菜、すずねが小学校入学を機に、

松戸は幼年部を廃止しようと、数ヶ月間活動していない期間がありました。

 

当時3歳だったさゆりは、今の30倍生意気で、本人もテコンドーに興味がなく、

その頃大盛り上がりの小学生軍団に指導陣も全力でした。

 

 

そんな時、体験に来たのが、はくちゃんです☆

はくと^^

 

やんちゃな3歳児でしたw

 

 

「ぼくテコンドーやる!!!」

 

 

あ。。。でも今、幼年部受け入れてないんだよね。。。

 

 

でも、はくちゃん1人なら小学生と一緒でも見れるか!!

 

そんな軽い気持ちで決めてしまったのですが、、、

チビハクの勢いは瞬く間に連鎖し、

 

「じゃあ私もやる!!」と、それまで全く興味を示してこなかったさゆりも練習に参加するようになり、

気が付けば僕も私も!と、毎月増え続ける幼年部となってしまいましたヽ(;▽;)ノ

 

 

幼年部の3年間、そして小学生になってからの4年間。

はくとだって色々なことがあったでしょう。

 

おさぼりしたい時だってあったでしょう。

 

こんな小さな体ですが、練習の酸いも甘いも知っているはくと。

試合で勝つことの難しさも、成すことの難しさも、

実はよく分かっているんです。

 

だからこそ、諦めてしまうことも、逃げ出したくなることもあったと思います。

それでも、来れば楽しそうに練習するのがはくとです。

 

 

全日本は久しぶりの試合出場ということもあり、

トゥルでは緊張が見ている側にも伝わりました。

 

そのままマッソギへ。

強い気持ちで挑むものの、思うようには得点が入りません。

 

もう後がない3位決定戦。

共に厳しい練習をしてきた仲間たちの応援を背に、全ての力を出しました!

しっかり練習を積んできたからこその、しっかりとした技が冴え渡りました!

 

 

 

 

 

 

見事黒帯相手に勝利し3位入賞!!!

 

はくとおめでとう!!!

やっぱりお前は強いな!!ヽ(;▽;)ノ

 

 

お父様、お母様

いつもはくとを、そして私たちを、長きに渡り温かく見守り支えて下さり、

本当にありがとうございます。

厳しいことも沢山言われてきたし(特に幼年時代の流山練習とか^^;)

気苦労は計りしれませんm(_ _)m

 

ですが今、私には羨ましすぎる強さを身につけたはくとを見ていると、

走馬灯のように蘇るこの7年間の価値を強く感じます。

 

 はくと、よくがんばったね!お疲れ様!

そしてまた来月から、今度は念願の黒帯に向けて、このまま突っ走ろう!!

 

これからも宜しくね!ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

 

photo by Hiroko.F

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア ~赤帯トゥル①~

2017年08月02日 | 試合
@あんりマニアの皆さんこんにちは!(超少数派) 私@とういうと、全日本の応援と、昨日の田中練習ではしゃぎ過ぎて、 声がガラガラです(--;)

 

まずはじめに、

11人揃って無事試合に出場できたことに感謝です!!

この、当たり前のようで当たり前ではない「出場できた!」ということに

写真を見返しながら幸せを感じます^^

 

試合ですから、日々の練習を重ねるにつれ、どうしても傲慢な気持ちになる時もあるでしょう。

それが全日本、大舞台の試合なんですから、

勝った、負けたという結果に縛られたくなる気持ちは十分共感できます^^;

 

ですが、今回のジュニア選手たちは違いました!!!!

 

私(@)がキャーキャーピーピー言ってるのに反し|゚Д゚)))

選手たちはというと、結果という「過去」に縛られることなく、

目標を持ち、進むことで自身が獲た「成長」という大きな財産を

大切に持ち帰ってくれたようです^^

 

私自身、自身の試合でも、沢山の方に助けられながら、生かされていたのにも関わらず、

表には出さずとも、もしかすると心のどこかに、傲慢な気持ちが隠れていたかもしれません。。。

応援してくれた道場生、支えてくれた家族、自分を強くしてくれた先生たちに、

心から感謝の気持ちを試合直後に伝えられていたのだろうか。。。

 

負けたから、それまでの道が間違っていたのか?

勝つために練習したのか?

試合に勝つということと、自身が強くなるということ。何が違うんだ?

 

試合中、全力でぶつかる子供たちを見て、

試合後、結果に関係なくキラキラした笑顔でお礼を言ってくれた選手たちを見て、

1日かけて行われた全日本選手権が、

今後さらに前進していく子供たちの通過点であり、過程というたった1日の時間であったことを再確認しました。

子供たちから「武道」を感じ、学ぶことができた貴重な日となりました☆

 

 

 

試合は、相手がいるものですから、なによりもまずはじめに「礼儀」の

精神を重んじなければなりません。

それは、単に、挨拶をすることではありません。

「互いに敬い謙虚であること」

敬うということは、自我を捨て、相手を尊重するという大変難しいことなのです。

 

緊張したから負けた

自分の調子が悪かったから負けた

間違えたから負けた

 

これではきっと一生かかっても試合には勝てないでしょう^^;(私自身も呪縛から抜けられない時多々!!)

 

緊張しない人、調子の悪くない人、間違えない人、なんて、いないんです。

 

負けた理由はただ1つ、相手選手が強かったから。

 

相手も君たちと同じく、一生懸命練習してきたんです。

 

非我することはありません。

自分以上に一生懸命練習してきた相手に出会えたことに感謝し、共に戦えたことを誇りに思えばいい。

 

手を抜いて練習する時だってあるでしょう。

先生に反発したい日だってあるでしょう。

完璧な人なんてそもそもいないんですから、その為に日々精進していくのです。

 

時に立ち止まり、時に後退し、時に道を間違え、

そんなことを繰り返しながら、一歩一歩前進し、少しずつ成長していきたいものです。

 

 

試合後、自分に勝った選手と、楽しそうに話す子供たちを見て、

礼儀の真意を思い出せました。

 

 

 

 

 
前置きが長くなってすみません^^;
 
 
 
それでは、大きな成長を魅せてくれた、うちが誇る自慢の選手たちをご紹介します!!!
 
 
 
 
 
山本ゆいか!!
 

 

全日本出場権をかけて、6月に難しい赤帯昇級審査を受けました。

彼女の全日本練習は3月から始まっていました。

 

というのも、何か特別な練習をしたというわけではなく、

同期たちが先に昇級した3月。

強く高い志しがあるのにも関わらず、伸び悩む技。

おいていかれる焦り、惨めさにぐっと耐えながら、

日々指摘される「基本動作」という、難しい練習と向き合う毎日です。

 

 

 

「出来るようになる為に頑張る!」というのは、意外にも難しいことではありません。

それより、「難しいことに向き合うだけの練習」というのは、誰でも出来るわけじゃありません。

 

向き合うだけが練習なのか?と思われるかもしれませんが、

これはとても大事で、とても難しい練習なのです。

 

今までの素敵なゆいかを形成していた、努力、責任感、プライドを否定され

完全に迷子です。^^;

 

 

頑張れば、結果が出た下級帯時代。

 

しかし、全日本に出てくる選手で、頑張ってない人なんていません。

彼女の戦いは、「頑張れば上手くなる」というゆいか最大の強みを捨てることから始まりました。

 

 

ゆいかへ。

あなたは、とてもキラキラした、とってもとっても素敵な子です^^

私はあなたの黒帯になりたい気持ちを、誰よりも分かっているつもりです。(パパママ除く)

いつもみせる笑顔と大きな体は、

ゆいかに潜む打たれ弱さや、気の小ささを隠してくれますから、戸惑うことも多いでしょう。

 

 

日々、先生たちの厳しい言葉に耐えるのは、容易ではないでしょう。

しかし、あなたの目指す場所は、それだけ困難な道なのです。

だからこそ、その輝きに魅了され、あなたは是が非でも目指したいと思っているのです。

 

誰でも手にする事ができるわけじゃないからこそ、目指すだけの価値があるのです。

 

そして、あなたの魅力は沢山の深い仲間を集めます。

これからもその沢山の仲間を大切にし、支えてもらえていることに感謝しながら

目標に向かって前進して下さい!

 

一緒に黒帯として楽しく練習できる日を心待ちにしています☆

 

 

 

 

 

あら。。。長くなってしまったので、赤帯トゥル編はまた次回に続く☆

 

 

photo by Kumiko.I



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全日本ジュニア大炸裂~~!!\(^o^)/

2017年08月01日 | 試合


めちゃめちゃ凄かったからー!


みんな成長したがねー!(*^^*)


熱い時間をありがとう!

大塚さんと田中軍団、朝から遠くまで応援に来てくれてありがとうございましたーー!


ちょっとバタついてて詳細は次回~~\(^o^)/

お楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はお祭りです!(*^^*)

2017年07月29日 | 試合


みんなの代表として、
てっぺん獲ってきます!

だぁーーーー!!


あぁ~きもちえぇ~。。>^_^<

さりげなく一人。

プロがいます。。\(^o^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉県大会  ~最終回!~

2017年07月23日 | 試合

 

 

どーーーーん!!!

四段の部で出場です!!

みんなも駆けつけて応援です(^O^)/

 

イエローTシャツ軍団がいっぱい(^^)!!

 

 

バシッ!!

 

 

協会のホームページから拝借しました!

 

 

のんびりタイム(^^)

 

これ、なーんだ(*^^*)

 

 

閉会式を終えて、みんなの元へ(*^^*)

 

 

杏理先生から(^^)/

 

 帰りの会、大人の部です

 

 最後は、福田指導員がとおやの真似をして(笑)、帰りの会を締めてくれました(^O^)/

 

 

 

大会、お疲れ様でした!

お父さん、お母さんもありがとうございますm(_ _)m

 

次は、いよいよ全日本ジュニア!!

メンバー達は、強化練習頑張ってます!

今年も熱い夏になりそうです(^O^)/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加