松田克久のワカサギ・鮎スパーク天国

ワカサギ電動二刀流マシンガン釣法、鮎下竿ワイドスパーク釣法の松田克久が綴るブログ。釣行記や情報・製品紹介をしていきます

再び鳴沢湖釣行!!

2016年12月20日 | ワカサギ釣行記2016


12月19日。
またまた、安近釣の鳴沢湖釣行。
午前6時5分前についてしまった。近すぎ~。
だいたい、気合入れて早く来ると・・・ろくな・・・・・的な会話で、
トヤマ氏合流。

明るくなってボートで出船。
とりあえずは・・・先週の16番を目指が・・・
手前11番で好反応。
ここでいいじゃない!!

だねー。でトヤマ氏とならんでスタート



先週の学習で、ベタ底アカ虫パターン



アカ虫はつけるのがめんどいので・・紅サシ交互で様子をみます。

釣れるには釣れますが・・・

カラ上げが多い。特に、右竿の0.8号の仕掛けが・・・
カラ上げ、・・から上げ・・・空上げ、・・・唐あげ・・唐揚げ~で・・
前日、ピット!に鶏のから揚げを差し入れてくれた、タムさんのせいだ!!
うまかったが・・・
先調子の穂先のテストしてたんで・・なおさらバレル。
先日使った胴調子の方が鳴沢には良かった感じ。
まー。オモリと仕掛けと、角度などのバランスもありますが・・・



カラ揚げ~多いけど・・・ポツポツ釣れて・・・


午前9時ごろまでに100匹。
トヤマ氏も、100匹近くになって、マツカツがわずかにリードの先週よりいいスタートダッシュ
これなら、今日は500、600は行くだろうと、考えていたが・・・

そう甘くなかった。午前九時以降は・・・激渋モード。
たまらず、場所移動。先週の16番に行くも・・反応薄いし、アタリ極小~。

再び移動~を試みるが・・・ロープのない場所に結構良い反応。

結局、回遊待って、粘るしかなさそうで・・・


めずらしく、朝の場所で粘っていたトヤマ氏の隣に戻る。
まるで、先週のマツカツとトヤマ氏の行動が逆になった感じ。
粘っていたトヤマ氏の方がポツポツ釣っていたので・・・移動した分、離されてる~。
やば!!




昼間は、激渋の我慢の釣り・・・
天気良すぎで、暑いのなんの・・・・一時はインナーシャツ1枚で釣ってました。
やっぱワカサギは寒いくらいじゃないとね。
ベタ凪すぎ・・せめて、風がもう少し吹いてくれれば・・・
アタリが出ても、追い食いなく、単発のみ。
それでいて、意外と食い方は俊敏で、アワセが遅れたりで、のせきれない
これが面白いのだけど。
結局、手の打ちようがない感じではあるが・・・・・
新鮮な赤虫をマメに変えて釣る意外、打開策のないままの釣りが続く・・・・
最大27匹くらい離された時間もあり、リードされた、トヤマ氏に一時は7匹差まで詰めるが・・・
ローブ沿いに、少しずれて、ポイントで追い越しの打開策を打つが、裏目。
マツカツが離れると・・トヤマ氏のペースが上がる。
結局、再び、トヤマ氏にくっついて・・・渋い釣りを堪能
3時20分トヤマ氏片付け始め、233匹でフィニッシュ
その時点でマツカツ221匹。

トヤマ氏の釣果


マツカツは・・・
トヤマ氏の片付け始めた後、10分延長~。の反則技!!
大人げない勝ち
ワカサギ始めて、2シーズン目の人にそんなに負けるわけにはいかないですからねー。
今まで、鮎釣りで、10年に一度の天才釣師、20年に一度の天才釣師なんて呼ばれる人も見てきましたが・・・トヤマ氏は30年一度の釣り師かもしれないなー。
鮎とワカサギ・・・おそらく・・ベテラン釣師も平気で負けますよーーー。

そんでもって、マツカツ234匹でフィニッシュ。



今期、トヤマ氏とのバトル・・・・真剣に勝負してるわけではないが・・・
すべて、場所移動した方が負けてるパターンでした。

やっぱ、ワカサギは渋い時は、粘る事も大事なんですねー。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓ いつもポッチとありがとうございます。

     にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

 




『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴沢湖釣果! | トップ | 神流湖仕掛け!&空撮佐渡! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳴沢湖にいこうと思ってます。 (魚澄)
2016-12-22 06:22:14
お初にお邪魔致します。私の知ってる鮎の名人のブログですね?
釣り具店のオーナーさんでもあるんですね。
公魚にも造形があるとは、新製品の紹介よくのぞいてます。
自作リールと釣りのブログをしてます。
又お邪魔致します。
Unknown (マツカツ)
2016-12-24 08:41:11
魚澄さん。
ご訪問ありがとうございます。
また、お邪魔してください!!!!。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ワカサギ釣行記2016」カテゴリの最新記事