関西人のつぶやき

♪JAZZ系おかんピアニストmatsucofの音楽生活♪

赤坂でライブでした

2016年10月16日 21時50分17秒 | 音楽
        

4年前に大学の音楽サークルの同窓会ライブに誘ってもらって、それ以来、色んな先輩後輩がたとやりとりさせて頂くようになりました。学年で8学年、年齢だと10歳も上のギターの先輩、Hさん。リー・リトナーが大好きで、フュージョン以外にもビートルズや吉田拓郎にも造詣の深い、生き字引のような先輩です。その演奏スタイルもまさにジャズで、今回はチャカカーンのWhatcha gonna do for meで、カッコイイカッティング奏法を聴かせて下さいました。う~ん、シビレル!!
そして、現在はプロのジャズボーカリストの方にレッスンを受けていらっしゃる、Yさん。スタンダードのレパートリーも結構な数になり、艶っぽいジャズボーカルが素敵!

まずはそのYさんと、昨年ゴスペルでご一緒させて頂いた、パンチのある歌声系の先輩Fさんとのツインボーカルユニット、J&Bの演奏からスタート。J-POPや洋楽のカヴァーをアコースティックに、かつ凝ったアレンジで。パーカッションのTさんのお嬢さんが今回はテナーサックスで参加。優しい雰囲気でとっても良かったです。

今回私はソロも3曲弾かせて頂きました。赤坂トナリテさんのピアノはYAMAHAのG1。コンパクトながら低音もしっかりと響く、良いピアノで、しかもお店のPAの方がすごくセンスのある方で、曲に合った音作りをしてくださったお陰で、とっても気持ちよく弾くことができました。お客さまに歌っていただくJoyfulJoyful、盛り上がりました~

ソロの後は引き続き、ジャズユニット重松由美で7曲。昨年は大事なイントロがうまく弾けなかったり、色々と反省点があったので、今回はとにかく始まりと終わりをしっかり練習して臨んだ結果、ほとんどの曲で概ね満足のいく演奏ができました。ホッとした~~中でも、ギターとピアノのデュオ、アルバム「愛のコリーダ」の中から「Velas」を演奏したのですが、8月にトゥーツシールマンスが亡くなられたこともあり、追悼の気持ちも込めて、大切に演奏させて頂くことができました。Hさんのギターとのデュオ、本当に気持ち良くて、もっと色んな曲をご一緒したいなあ、って思いました。(今のところ、ハービーハンコックのTell me a bedtime storyをやりたいです、と直訴中)
チャカカーンはFさんにも加わっていただき、ツインボーカルでファンキーにお届け。スタンダードもいいけど、やっぱり私はブラック系好きです。

今回、お客さまとして、いつもお世話になっているピアノ仲間のMikaさんと、私のCD「Hallelujah!!」を作る際、後押しして下さったHさんとお嬢さんにも来て頂いて、一番前の席で聴いて頂きました。お嬢さんは小学4年生で、ちょっとアダルトな選曲でたいくつしちゃうかな、と思っていたのですが、ママと一緒にクラシックのコンサートなどにも行っているそうで、最後までちゃんと聴いてくれて、途中「音が気持ちいい」との感想を残してくれたと後で聞いて感動・・・。私のオリジナル曲「micaduki」が一番良かったと言ってくれたそうです。

温かいたくさんのお客さまと、優しい先輩方に囲まれて、本当に楽しいひとときでした。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。幸せです
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TRIX | トップ | 今日は記念日♬ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL