関西人のつぶやき

ジャズピアノプレイヤーmatsucofの音楽と日常

母の日ピアノライブ♬

2017年5月13日(土)14時スタート@さいたま市北区プラザノース 音楽スタジオ3 大人1000円 中学生以下無料 今年で5回目の開催です。アロマの香り漂う中、お母さんを想うひとときを。童謡、J-POP、ゴスペル、ジャズのスタンダードをお話を交えて。リクエストにもお応えします。 「メッセージを送る」よりご予約下さい。

安武さんのライブ(^^♪

2017年03月23日 20時30分43秒 | 音楽


今から約5年前に、マサ小浜さんやゴスペルアーティストのカズ加藤さんが参加されるということで、目黒BAJに初めて聴きに行った、福岡在住のゴスペルアーティスト、安武玄晃さん。スムージイなサックスの音色と、フュージョンをほうふつとさせるオシャレでカッコイイ楽曲、そしてクリスチャンの方にふさわしい、優しく温かなお人柄。ちょうど東日本の震災のあった翌年で、当時は東北にもよく演奏に行かれているとのことでした。また東京に来て下さらないかなあ、と待ち続けて4年と半年、やっとまた安武サウンドを生で聴くことができました。それも前回と全く同じメンバー、プラス、今回はボーカルゲストがエイベックスの和田昌哉さん。ケミストリーの再始動にも深く関わっている方だそうで、ハイトーンボイスがステキでした。そんな豪華なメンバーでの、素晴らしいライブでした。

琴線に触れる温かくて愛にあふれるサウンド。ぜひまたライブで聴きたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Around50のお楽しみ

2017年03月06日 18時23分36秒 | 音楽


以前一緒に連弾をやっていたひっきーさんに、そのお友達で私も時々ライブをご一緒させて頂いたDecaliさんご夫妻が、昨年からご自宅でスタートされたカフェ「風屋」さんで、誕生日を祝って頂きました(^^♪素敵なデザートプレートに感動!ランチ共々おいしく頂きました。

さて、きのうはといえば、ダンナさんと一緒に東京国際フォーラムにおりました。かれこれ8年ほど続けているポスティングの会社から、昨年11月の佐藤竹善さんのオーケストラとのコンサートに引き続き、素晴らしいコンサートのチケットを抽選で頂きました。
80年代から90年代にヒットした洋楽邦楽のヒットナンバーを集めたコンサート。日テレプラスで3月31日に放送される番組の収録でした。
いや~、それはそれは素晴らしかったです!私たちが高校から大学、最も音楽を聴いていた頃に流行った、あの曲この曲。

石井竜也、NOKKO、ベリンダ・カーライル、そしてクリストファー・クロス。なかなかに涙チョチョギレのラインナップ

最も期待していたC・クロスは、若い頃の透き通るような声こそ若干歳を取って太くなっていたものの、その歌唱力や優しい雰囲気は思った通りで、超カッコイイインストのオープニングのあと、セイリングのサビに思わず涙が。

学生の頃、米米クラブが大好きで、チケットを取ろうとダンナさんとぴあに並んだものの完売で、結局一度もライブに行けなかったので、初めて聞く石井さんの生声に感動でした。歌の上手さも、58歳にはとても見えないカッコイイ見た目も、もちろん軽快なMCも、さすがエンターテナー!

ベリンダ・カーライルは実はあまり聴いたことがなくて、知っている曲が少なかったのですが、最大のヒット曲が誰もが知っているあの曲でした!これを最後にやったのでめちゃくちゃ盛り上がりました!

そして実は一番期待しないで行って一番良かったのがNOKKO(ファンの方ごめんなさい)ぶっちゃけブランクが長かったので、どうせ今までの他の復活組と同じような、劣化した歌を聴かされるんだよなあ、、と思っていたら、、、。
当時と全く変わらないパンチのある声量と高い声。私たちより若干年上であの若さ。素晴らしい~~
ヒット曲を惜しげもなくやってくれたのも最高でした。やっぱりみんな、知ってる曲が好き。お客さんを喜ばせることに徹していたのは、間違いなくNOKKOでした。人魚のジャズアレンジも大人な雰囲気で良かったし、それ以外のレベッカのヒット曲に関しては、当時のアレンジにほぼ近い感じでやってくれたので、それも嬉しかった。

3時間半を超えるライブ、一番最後は石井竜也のグループだったんですが、その中に以前ライブで聴いたSAXの海野あゆみさんが。米米クラブのテイストが入ってとても素敵でした。アンコールタイム、NOKKOと2人で歌う「浪漫飛行」で盛り上がり最高潮でした。

最近、年配の人向けに「夢コンサート」とかよくやってるけど、私たちの年代にとってこのコンサートは、ちょっとそれに近いかも(笑)10代の一番吸収する頃によく聴いた音楽は、アレンジや楽器のフレーズも含めて、体にしみこんでいるのでした。
素敵な大人時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マサ小浜さんが参加のアルバムがグラミー賞!!!

2017年02月14日 19時43分54秒 | 音楽




この写真は昨年の夏に、さいたまの越谷レイクタウンにあるライブレストランHADOWSで、撮影OKで撮らせて頂いた貴重な写真です。
マサさんが参加されているユニット、ファンタスティック・ネグリートのアルバム「ザ・ラスト・デイズ・オブ・オークランド」が最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞を受賞しました。

や~~~、すごい!!!ものすごくすごい!!!

ずっとアメリカにいらして、帰国後よくブルースアレイなどに出演されるようになって、ダンナさんが「そういえば小浜っていう同級生がいたぞ」と。調べてみたらまさにマサさん、その人でした。ライブにお邪魔して再会したら、すぐに思い出してくれたそうで、それ以来、夫婦で大ファンになり、参加されているCDを買い、ライブに通い、気がつけばわたくし、最近はマサさんがらみのライブにしか行ってないんじゃないか、と思うほど。先日のBAJマサ小浜スペシャル20回目にも夫婦でお邪魔して、素晴らしいサウンドに酔いしれたばかりでした。

そのギターサウンドはそれぞれの曲のカラーにばっちり合ったもので、特にカッティングのファンキーさは、日本人離れしたものがあり、ライブでは黒人アーティストと英語でやりとりしながら。
プリンスやマイケル、ジョージベンソンのカヴァーを聴いていると、日本にいながらにしてこの曲が聴けるなんて、、という感動があります。

自分がCDを作るなら、ギターは絶対マサさんに弾いて欲しい。そう心に決めていた2012年。ついに自分の作った曲で弾いて頂けることに!!
素晴らしいお人柄のマサさん、快く2曲弾いて下さいました。その後、EXILEのドームツアーに参加されるなど、どんどんBIGなミュージシャンになられて、今思えばなんて大それたお願いをしたもんだと(笑)

グラミー賞受賞に貢献、とニュースにはありますが、アルバムが受賞したということは、マサさんが受賞されたことと変わらないと思います。
そんなすごいギタリストさんにご参加いただいた曲、ぜひたくさんの方に聴いて頂きたいです。

Hallelujah!!(gt.マサ小浜)

おぼろ月夜(gt.マサ小浜)

マサさんと出会えたことは、私の人生にとって、とても、とても大きな出来事です。マサさん、本当におめでとうございますそして、ありがとうございます。これからも応援しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年もよろしくお願いいたします!

2017年01月10日 21時26分43秒 | Weblog
年末年始はダンナさんの実家のある北関東から、私の実家のある大阪へ。1月2日の移動はなかなか大変でした。東京駅もすごい人だったけれど、到着した京都駅はもっとすごかった。旅行者のみなさんはお正月をゆっくりと旅先の京都で過ごされるわけです。いいですよねー。将来、一度は「お正月を高級旅館で過ごしてみたい」だんだん年寄りの思考になって来ました(笑)

5日にさいたまに戻ったところ、ポスティングの山が玄関にどーんと。それを数時間かけてさばき、翌日には2回に分けて配りました。

8日の日曜には音楽仕事始め。いつも宴会に呼んでいただく地元のお店で、オーナーさんのお仲間の新年会で、BGM演奏、からのカラオケ大会の伴奏をしてまいりました。

そして昨日は息子が成人式に出席。朝だけ雨だったので、駅まで車で送り、私たちは家でのんびりしておりました。何でもスーパーアリーナでのさいたま市の成人式にはサイレントサイレンが来て、2曲演奏してくれたそうです。同じギャルバンだけど、ダンナさんの好きなガチャリックスピンは、さすがににぎやか過ぎるんだろうなあ、、(笑)

今年は何と、大台にのります。逃げ恥の最終回、ポジティブモンスターの言った「幸せな50歳を見せてみろ」という言葉が胸に刺さります。今年はどんな1年になるんでしょう。

ブログの更新はぼちぼちですが、今年もジャズピアノプレイヤー、matsucofをどうぞよろしくお願いいたします♬
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました(^^♪

2016年12月30日 19時10分17秒 | Weblog
  

23日に開催した「雨のちSpecial♬」。たくさんのお客さまに来て頂きました。お越し下さったみなさま、ありがとうございました。
今年は12月中旬以降に5本のイベントがあり、なかなか大変ではありましたが、それぞれ概ね楽しんでいただけたようでホッとしています。
ピアノライブを始めて10年目の今年、そのきっかけとなったバンドTRIXにも大きな変化がありました。新しい年は私にとっても大きな変化がありそうで、ワクワクドキドキです。

この1年も色々な出会いや楽しいことがあり、たくさんの方との関わりのお陰と、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年もお世話になりました。新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TRIXのこれからは~~

2016年12月12日 16時53分46秒 | 音楽
ギターの菰口さんがTRIXを脱退されたそうですね。またまたバンドの友人から聞きました。

元々ギターは平井武士さんが大好きだったので、菰口さんがどうこう、というより「平井くんがやめちゃった~」というのがショックでした。
菰口さんになってから一度だけ、今はライブハウスではなくなったイクスピアリに、見に行ったことがありました。その時思ったのは、ギターは確かにカッコイイし、ビジュアル的にもちょっとハーフっぽいイケメン。でもあまりお笑い的なことが好きじゃなさそうな、、、と。
TRIXの魅力は、超絶テクに加えてポップでキャッチーなサウンド、そして何より(関西人の私としては)MCや仕込みが面白いこと、でした。MCで大笑いして、カッコイイ曲でノリノリになって、かぶりものや電飾で盛り上がる。他のフュージョンバンドにはない魅力がありました。メンバー4人が仲が良くて、楽しげな様子を見て、こちらも幸せな気分になっていました。

クールでシャイな印象だった菰口さんも、ここ最近のアルバムでは、ちょっとお茶目な感じを醸し出していたので、いい感じにお互いが歩み寄っているのかな、と思っていたのですが、、、。

ギターのテクニックは素晴らしいし、ソロアルバムでもいい曲をたくさん書いている才能あるギタリストさんなので、今後は他のバンドなどで大活躍されるのでしょうね。TRIXファミリーとして今後も応援いたします。

ただ、、、。活動縮小は活動停止とは違うので、今後もTRIXは続いていくものと、ファンは思いたいのですが、新しいギタリストが入る予定はあるのかなあ、、、。

平井くんが戻ってくれる可能性ってあるんだろうか、、、
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

華大さんがキテる!!

2016年11月01日 20時33分03秒 | Weblog
私が博多華丸・大吉さんをチェックし出したのは、2010年頃。華丸さんがアタックチャンスで売れた後、コンビでちょこちょこ見つつも、レギュラー番組は関東ローカルのPON!で毎週ロケに行ってたのを見るくらいでした。アメトーークの「中学のときイケてない芸人」あたりから、あれ?華丸さんは注目されてたけど、相方の大吉さんは、イケメンなのにちょいと発言がブラックだったり変だったり、何か面白いかも、と。それから大吉さんの大ファンになり、テレビ番組をチェックするだけではあき足らず、新宿のルミネに本物を見に行きたい!と、お笑い好きのお友達を誘って予約を取ったのが、2011年の3月17日分のチケットでした。
震災が起きてテレビはほとんどが震災関連の番組になり、子供は怖がるし、自分自身も気持ちが重くなるばかり。そんな中、ひたすら録画した華大さんの番組を見ては笑うようにして、気力を保ちました。17日はまだ電車が止まったりする可能性もあったのですが、ちょうど前日の16日からルミネtheよしもとが再開して、横浜のお友達も「この先何が起こるかわからないからこそ、行っちゃおう!」ということで、お客さんはかなり少なかったのですが、初めてのよしもとの劇場で、オリラジのあっちゃんにイジられたり、派手な衣装の華大さんのテレビと変わらない漫才に大笑いして、何だかすごく気持ちが楽になったのでした。
その時期、ついつい不安になりがちだったところを、華大さんの存在のお陰で救われました。
その後もずっとチェックしていて、それから数年はゴールデンのレギュラーや特番には全然出てなくて、こんなに優しくて面白いのに、何でかなー、と寂しく思っていたのですが、ここ数年のご活躍は、やはりTHE MANZAIでの優勝が大きかったのでしょうか。今朝はZIP!でインタビューされてたし、先日は「1周回って知らない話」で取り上げられてたし。

地道にがんばって売れるってすごい。これからもいっぱいテレビに出てて欲しいですあわよくば、お2人の司会のゴールデンレギュラー番組とか見たい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は記念日♬

2016年10月30日 17時19分38秒 | Weblog
23年前の今日、結婚式をしました。もうそんな前になるのかー、、、って感じです。23年の間にいろんなことがありました。
新婚1年と少しで、阪神大震災に遭い、尼崎のマンションの部屋の中がぐちゃぐちゃになりました。幸い命にかかわりがなかったので、派遣や元いた会社にピンチヒッターで働きに行ったり。
長男が生まれて1年経たない頃、ダンナさんが転勤になり関東に引っ越すことになりました。0歳の子を抱えての引っ越し。初めての関東暮らし。不安だったはずだけど、あまり考えているヒマもなかったというか、やはり若かったんですね。すぐに慣れて、社宅で同じ年頃の子供のいるお家と、楽しくやってました。
長男が3歳になる頃、今の家に引っ越しました。それから17年。埼玉県人となり、幼稚園だ、小学校だ、下が生まれた、中学校、高校、大学受験、、、。その間に父が亡くなったり、東日本大震災を経験したり、子供の習い事、ママ友とのおつきあい、子供の心配、、、。

いろいろ、本当にいろいろありました。泣いたり笑ったり怒ったり。ダンナさんと一緒にいたから、ここまでやって来れました。
10年前、TRIXのように、人を元気に明るくする音楽を、自分でもやってみたいとダンナさんに相談した時、家のこともちゃんとやれるなら、とOKしてくれて、それ以来、楽器の運搬が必要なときは、進んでローディーを引き受けてくれました。若い頃、音楽をやっていたからこそ、理解を示してくれた。これが音楽に全く興味のない人だったら、取り合ってもらえなかったでしょう。

お互いそれなりに歳をとり、わがままが出てきたりしてもめることもありますが、できることならおじいさん、おばあさんになるまで、一緒に暮らしていけるといいな、と思っています。

2年後が銀婚式だなんて、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤坂でライブでした

2016年10月16日 21時50分17秒 | 音楽
        

4年前に大学の音楽サークルの同窓会ライブに誘ってもらって、それ以来、色んな先輩後輩がたとやりとりさせて頂くようになりました。学年で8学年、年齢だと10歳も上のギターの先輩、Hさん。リー・リトナーが大好きで、フュージョン以外にもビートルズや吉田拓郎にも造詣の深い、生き字引のような先輩です。その演奏スタイルもまさにジャズで、今回はチャカカーンのWhatcha gonna do for meで、カッコイイカッティング奏法を聴かせて下さいました。う~ん、シビレル!!
そして、現在はプロのジャズボーカリストの方にレッスンを受けていらっしゃる、Yさん。スタンダードのレパートリーも結構な数になり、艶っぽいジャズボーカルが素敵!

まずはそのYさんと、昨年ゴスペルでご一緒させて頂いた、パンチのある歌声系の先輩Fさんとのツインボーカルユニット、J&Bの演奏からスタート。J-POPや洋楽のカヴァーをアコースティックに、かつ凝ったアレンジで。パーカッションのTさんのお嬢さんが今回はテナーサックスで参加。優しい雰囲気でとっても良かったです。

今回私はソロも3曲弾かせて頂きました。赤坂トナリテさんのピアノはYAMAHAのG1。コンパクトながら低音もしっかりと響く、良いピアノで、しかもお店のPAの方がすごくセンスのある方で、曲に合った音作りをしてくださったお陰で、とっても気持ちよく弾くことができました。お客さまに歌っていただくJoyfulJoyful、盛り上がりました~

ソロの後は引き続き、ジャズユニット重松由美で7曲。昨年は大事なイントロがうまく弾けなかったり、色々と反省点があったので、今回はとにかく始まりと終わりをしっかり練習して臨んだ結果、ほとんどの曲で概ね満足のいく演奏ができました。ホッとした~~中でも、ギターとピアノのデュオ、アルバム「愛のコリーダ」の中から「Velas」を演奏したのですが、8月にトゥーツシールマンスが亡くなられたこともあり、追悼の気持ちも込めて、大切に演奏させて頂くことができました。Hさんのギターとのデュオ、本当に気持ち良くて、もっと色んな曲をご一緒したいなあ、って思いました。(今のところ、ハービーハンコックのTell me a bedtime storyをやりたいです、と直訴中)
チャカカーンはFさんにも加わっていただき、ツインボーカルでファンキーにお届け。スタンダードもいいけど、やっぱり私はブラック系好きです。

今回、お客さまとして、いつもお世話になっているピアノ仲間のMikaさんと、私のCD「Hallelujah!!」を作る際、後押しして下さったHさんとお嬢さんにも来て頂いて、一番前の席で聴いて頂きました。お嬢さんは小学4年生で、ちょっとアダルトな選曲でたいくつしちゃうかな、と思っていたのですが、ママと一緒にクラシックのコンサートなどにも行っているそうで、最後までちゃんと聴いてくれて、途中「音が気持ちいい」との感想を残してくれたと後で聞いて感動・・・。私のオリジナル曲「micaduki」が一番良かったと言ってくれたそうです。

温かいたくさんのお客さまと、優しい先輩方に囲まれて、本当に楽しいひとときでした。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。幸せです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TRIX

2016年10月11日 22時11分00秒 | 音楽
今から12年前、子育てに疲れ果てた私に元気をくれたフュージョンバンドTRIX。そんなTRIXに憧れて、ジャズ系ピアニストを目指し、活動を始めて、今年の秋で10年になります。

今日、バンドの友人から、TRIXが活動を縮小すると聞き、HPを見に行きました。熊谷徳明さんのTRIXのページに、右足にジストニアの症状があり、バンド活動を縮小する旨、お知らせがありました。

つい先日、DVD収録のライブがあったばかりなのに。つのだ☆ひろさんをボーカルに迎え、パンチのあるボーカルアルバムで、また面白くなって来たところだっただけに、ご病気による休養は致し方ないのですが、ファンとしては残念で・・・。

まさかこのまま自然消滅、、とかはないよね??それだけはやめて欲しい。

TRIXは永久に不滅です
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加