京都府立医科大学 松原弘明の不正

京都府立医科大学循環器内科、関西医科大学第二内科の松原弘明氏の論文での研究不正疑惑について(捏造・改竄・人体実験疑惑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

画像類似の論文#16 (Kidney Int. 2011 Dec 7. doi: 10.1038/ki.2011.403. [Epub ahead of print])

2011-12-18 01:19:19 | 画像類似の論文リスト
画像類似の論文#16
Sonomura K, Okigaki M, Kimura T, Matsuoka E, Shiotsu Y, Adachi T, Kado H, Ishida R, Kusaba T, Matsubara H, Mori Y.
Kidney Int. 2011 Dec 7. doi: 10.1038/ki.2011.403. [Epub ahead of print]
The kinase Pyk2 is involved in renal fibrosis by means of mechanical stretch-induced growth factor expression in renal tubules.
Department of Cardiology and Nephrology, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto, Japan.
責任著者 : 、 筆頭著者 :  Kazuhiro Sonomura、 Last Author : Yasukiyo Mori
松原弘明氏の論文発表当時の所属 : 京都府立医科大学



画像類似指摘項目No.31
参考 → 論文撤回Watch :【3】続・心筋再生専門医のための裏技指導

論文#16 (Kidney Int. 2011 Dec 7. doi: 10.1038/ki.2011.403. [Epub ahead of print])のFig.1の「Day 7」の「+/+」の画像が、Fig.1の「Day 14」の「-/-」の画像と類似しています。



画像類似指摘項目No.32
参考 → 【4】続・心筋再生専門医のための裏技指導

論文#16 のFig.3aの右上の画像「+/+のStretch+」の一部と、右下の画像「-/-のStretch」の一部が類似しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Abnormal Science blog 関連... | トップ | 画像類似の論文#15 (Hyper... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む