京都府立医科大学 松原弘明の不正

京都府立医科大学循環器内科、関西医科大学第二内科の松原弘明氏の論文での研究不正疑惑について(捏造・改竄・人体実験疑惑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関西医大から京都府立医大への道 【7】

2011-10-20 21:04:02 | 論文撤回Watch関連リンク

 

Retraction Watch / 2011.07.03 00:40 / 推薦数 : 4

今回でシリーズ7回目。

6回目までは、ずっと関西医大発の論文でしたが、今回ようやく京都府立医大にたどりつきました。

先発論文は2003年関西医大のグループより、

後発論文は2005年京都府立医大のグループよりの発表です。

 

京府医大 Previous investigations have provided inferential evidence that biological processes modulated by NO might extend to include angiogenesis.

関西医大 Previous investigations have provided inferential evidence that biological processes modulated by NO might extend to include angiogenesis.

京府医大 We have also reported that overexpression of endothelial NO synthase (eNOS) causes a marked increase in neocapillary formation in response to tissue ischemia.

関西医大 Our study demonstrates that overexpression of eNOS protein causes a marked increase in neocapillary formation in response to tissue ischemia without affecting ischemia-induced VEGF expression or VEGF-mediated Akt phosphorylation.

京府医大 Previous studies reported that VEGF stimulates the release of NO from the arterial wall and promotes the recovery of disturbed endothelium-dependent flow in the ischemic hindlimb.

関西医大 In vitro studies demonstrated that VEGF stimulates the release of NO from the normal arterial wall and promotes the recovery of disturbed endothelium-dependent flow in the rabbit ischemic hindlimb.

京府医大 Direct in vitro evidence that NO may induce angiogenesis was demonstrated recently by Papapetropoulos et al.  Ziche et al established the first line of evidence that NO can induce angiogenesis in vitro.  Murohara et al clearly showedNO-mediated angiogenesis in response to tissue ischemia in NO-deficient mice.

関西医大 Direct in vitro evidence that NO may induce angiogenesis was demonstrated recently by Papapetropoulos et al.  Ziche et al established the first line of evidence that NO can induce angiogenesis in vitro.  Murohara et al clearly showed NO-mediated angiogenesis in response to tissue ischemia by using NO-deficient mice.

 

両論文とも責任著者は同一人物のようです。

次回でこのシリーズ最終回となります。

超一流雑誌の論文が登場します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日新聞:降圧剤論文:他の試... | トップ | 関西医大から京都府立医大へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む