京都府立医科大学 松原弘明の不正

京都府立医科大学循環器内科、関西医科大学第二内科の松原弘明氏の論文での研究不正疑惑について(捏造・改竄・人体実験疑惑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都新聞: 府立医科大 データ検証へ 男性教授撤回の論文 臨床研究チーム

2011-10-19 06:55:38 | 関連NEWS

2013年03月01日 京都新聞: 府立医科大 データ検証へ 男性教授撤回の論文 臨床研究チーム

 

府立医科大 データ検証へ 男性教授撤回の論文 臨床研究チーム

 京都府立医科大は1日、辞職した男性教授が中心となって進めた血圧降下剤の効果に関する臨床研究を検証するチームを立ち上げることを決めた。

 「研究活動に関する品質管理推進本部」(本部長・吉川敏一学長)を同日に設置、推進本部内に検証チームを設ける。元教授の研究論文を掲載、撤回した日本循環器学会が、大学に調査を求めていることから、研究データの精度などをあらためて調べる。外部の有識者を含む5人前後で構成する予定。

 推進本部は学内の教授約10人がメンバーとなり、研究活動における国の倫理指針や、研究費の適正使用などへの理解の徹底に向けて研修会を実施する。研究活動や論文発表に疑義が指摘された場合に速やかに対応する体制の構築も図る。府立医大は「教育研究機関としての信頼を守るため、研究者の行動規範を徹底し、危機管理にも力を入れる」としている。

【 2013年03月01日 22時30分 】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SANSPO(共同): 京都府立... | トップ | 朝日新聞: 元教授の14論... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む