少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

母は頑張ってます

2017-04-04 | 新しい役所
ウチがヒットを打つと、
ランナーが走ると、
点が入ると
ベンチの後ろから、ため息
振り返るとカイセイ母。
顔が怖いよ

先日のスコア講習会に出ていた、
カイセイ母と今ちゃんママが、
日曜日の試合でスコアの実戦練習。

スコアラーに入っていたセイジ母と
三人で答え合わせ。

球数が合わないのは想定内。
三振でカウント欄とKをダブって数えたり、
ファールを抜かしたりしたんでしょう。
でも、「得点が合わない」って

「あれっ、この子、三振じゃない?」
「いや、一球目だから、ワンストライク。」
スコアブックを見ると、
さっき三振した子がまだ打席に居る事に成っていた。
「エ~、いつ三振したの?」

「今のは?」
「フィルダースチョイス」
「へっ、フィル何?知らない言葉が出て来た

「今のは?」
「ショートの強襲ヒットかな。強襲ヒットってどう書いたかな?」
スマホで調べてみせると
「エ~強襲ヒットってあるんだ。冗談だと思っていた。」


こんな感じで、試合中、監督と話しているより、
後ろの二人との会話の方が絶対長かった

試合後、
「高校野球を見ながらつけた時は完ぺきだと思ったのに、
何なら、スコアラー私がやります。位だったのに」って
今ちゃんママ。

母は頑張ってます

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツーアウトの走塁 | トップ | 思考ボックス 決断ライン ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2017-04-04 23:08:11
>「高校野球を見ながらつけた時は完ぺきだと思ったのに、
>何なら、スコアラー私がやります。位だったのに」って

高校野球やプロ野球は、淡々とというか、あまり奇妙なプレーがないままに試合が進んでいきますから、スコアブックの記入もそれほど複雑にならずに済みますが、学童野球は、『今のプレー、何?!』っていうような信じられないような、どう書いて良いか解からないようなプレーが続出しちゃうのでスコアラーは辛いですよね。
私も記号での記入を諦めて、欄外に文章で書いたことがあります^^;

ママさん方、『どんなプレーでも、ドンと来い!』って言えるくらいに頑張ってくださいね^^
PATさん ありがとうございます。 (穴金空歩人)
2017-04-05 21:59:32
プロ野球で基本的な事をスッと
書けるように成るのが早道ですかね。
ルールも覚えないと

コメントを投稿

新しい役所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL