少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

根性だぁ

2016-10-15 | 新しい役所
今日の練習。
10時まではS4小で練習。サッカー部に校庭を譲り、
S8小に移動して練習継続。
いつもとは違う状況になると浮き足立つのが常

キャッチボールからは真剣さが見られない。
胸に投げろって言っても無駄なので、
ちょっとゲームっぽいキャッチボールに変更。
俄然、コントロールが良くなっった
どうして、最初からやらないかね。

しかし、これが良くなかったかな。
続いて、三本間のキャッチボール。
本塁から投げたら三塁にダッシュをして次の順番に備えるのですが、
ダッシュをしないでチンタラ走るのが居る。
全員がダッシュをしないと終わらないよ。って
言ってもチンタラ走る。
何でダッシュをしないのかサッパリ分からない。
名指しで、お前がダッシュしないから終わらないだって
言ってもダメ。
そんな事言っても時間が来たら、終わりって言うんでしょ。とでも
思っているのか。

手を抜いて走っている子は、送球にも現れて山なりの送球が多いし、
捕球ミスも多い。
勿論、真面目に走っている子の方が多く、
その子達からも注意する声が飛んで来るのに、
ダッシュしないですよね。
何でだろう?

彼らは手を抜いている。って意識が無いのかも。って
思えて来たけど、
今日は本当に全員がダッシュするまで止めさせませんでした。
何分続けたんだろう?

観念したのか、最後は全員がダッシュで終えたけど、
最初からすれば良いのに、何でしないんだろう?
本当に不思議

ダッシュする事で送球、捕球まで良くなった。
根性とか精神論とか、古いって言われるかも知れないけど、
少しは必要なのかな?
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全然進まない | トップ | 何とか成らないか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2016-10-15 22:14:57
根性論や精神論が必要か否か?っていうことの答えはわかりませんが、少なくとも真剣にやらないとダメですよね。
ヘラヘラ、フラフラ、チンタラやっていたら、上手くなれないし、強くなれないし、それだけじゃなく、周りに迷惑をかけますよね。
つまり、真剣にやらないならやり直し!やるまで何度でも繰り返し!って、根性論や精神論っていうより、極々当たり前のことような気がします。
PATさん ありがとうございます。 (穴金空歩人)
2016-10-16 18:01:48
一つの事を抜く事は、結局全ての事に手を抜いてしまうのですね。
今回の事で改めて思いました。
残念な事に6年生も居るんですよねぇ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL