少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

煩悩

2017-01-30 | ゴルフ
昨日のラウンドにヤーデージブックの他にスコアカードも持っていきました。

スコアカードってゴルフ場にも置いてあるじゃない?って思うでしょ。
ゴルフ場に置いてあるカードは、そのホールの打数とパット数のみの記入ですが、
持参したカードには、ティショット、セカンド、サード、アプローチの欄が有り、
そこにショットの内容で◎、○、△、☓を記入していくタイプ。

以前のラウンドでも持参はしていたのですが、
記入する余裕も無く

昨日は全ホール記入する事が出来ました。
そっ、記入する余裕が出てきました。スコアは変わらないのにね。
勿論、ミスショットは有りますが、
以前のように曲がりに曲がって、隣のホールまで探しに行く。
なんて事は無くなったので

ショットの内容自体は良く成ったと思う。
見返すと○や△が多い
ただし、ティショットを除く

午前中のティショットの欄。
1番ホールが◎だけど後は☓。
午後も×は無いけど△ばっか。
なんで、ティショットがダメなんだろう。って
ア―でも無いコーでも無い。って悩んだまま、
次のホールのティグランドへ無限ループ

ふと、思い出したのが、クォーター理論のマンガ。
中年のスクール生の権藤さんが、
スクールで教わった事がスクールでは出来るのに
一人の練習では出来ない、出来ても長続きしない。って。
それは大人の煩悩だと。指摘する桑田プロってお話し。

ナイスショットをしたら、
次も続けてとか、もっと飛距離をって思うでしょ。

他に良い時と悪い時と何処が違うか分析を始めてしまい、
自分なりのマニュアルを作ってしまう。って。
アッそれ俺だわ。って思ったら、
これは生真面目な人が多いって。やっぱり

そんな時は子供に戻るんですよ。って
子供の様にもっと飛ばすとか、何が違うとか、考えないで
教わった事素直にやり続ける子供に。

で、手打ち-足の裏(クォーター理論読んでね。)
って打ったらナイスショット。
230ヤードフェアウェイど真ん中
コレを思い出したのが、15番ホール。
残りは三つ。思い出すの遅過ぎ

でも、子供だって、長打を打った次の打席は大振りして三振。
なんて事はよくあるよなぁ。なんて考えながらのセカンドショット。
スプーンで強振したら、見事なスライスでOB

煩悩は捨てきれない様で、
やっぱり禅だな。


『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうだ、禅に行こう | トップ | 野球は特別なのか »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2017-01-30 22:49:48
今回は15番ホールで思い出したかもしれませんが、次回は、1番ホールからフェアウェイど真ん中!っていうことになるかも?!^^

ところで、禅で、煩悩を捨てて、悟りを開いて・・・って、スポーツじゃなく、仏教な感じになってきちゃいますね^^;
PATさん ありがとございます。 (穴金空歩人)
2017-01-31 21:37:11
伸びしろばかりですからね
しかし、上手く成らないです。
禅は難しそうだから、写経からやろうかな

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事