少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

階段で野球ゲーム

2017-06-19 | 新しい役所
爆発した土曜日の練習。
この日は全学年がS4小で練習。

どんどん増えている低学年。
この日も体験の子が一人
で、怒られている間にすっかり練習する場所が
無くなった高学年。

私も何も無かった様には練習に戻れないし、
どうしようかな?

「じゃ、二人一組になって壁当て。」
A君が投げたら、B君が捕って、これで一回。
ボールを捕ったB君が投げてA君が捕る。
これで二回。
一分間で何回出来るか?
Aチームが50回で、Bチームが40回なら-10で
Bチームの二人はスクワット10回の罰ゲーム。

速く、数多くするためには、投げるのも捕るのも
ステップが肝心。
結構、盛り上がって3回もやった
この後ノックをしてたら、
サッカー部にグランドを明け渡す時間に。

正味、1時間しか練習しなかったけど、
しょうがない帰りましょう
「中庭で練習しまししょう。」って

中庭って、スペースが小さいから、
素振りやシャドウで、
その内飽きて、結局遊んじゃうってパターン。
じゃ、最初から遊ぶか

土曜日は6人しかいなかったので、
3人一組に別れて、階段を使った野球ゲーム。
写真参照。

攻撃側が階段に向かって投げる。
その跳ね返りのボールを捕ったらアウト。
速いゴロで守備陣の間を抜けたらヒット、
上手く階段の角に当てて守備陣の頭を越したらツーベース。
更に高く上がって2階の渡り廊下に当たればホームラン。

これでちょっとしたノック代わりに成るし、
下に向かって投げるので、真下投げの効果で、
肘は上がるし、前の足に体重は乗るし
知らない間に練習

凄い盛り上がりに横目で見ていた、
低学年の子もやりたいって


実はこれ。
私が小学生の時に一人で寂しくやっていた遊び。
一人っ子で、祖父祖母に育てられた私。
友達が連休とかでミンナ居ないとき、
裏のお寺の壁に向かって一人で1試合とかやっていた。

どんなに公平にやったつもりでも、
必ずジャイアンツが勝っちゃうんですけどね
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サイレントと宿題 | トップ | グローブを着けて走る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2017-06-19 22:45:56
>私が小学生の時に一人で寂しくやっていた遊び。

『近頃の子供はキャッチボールも碌にできない』なんて嘆く声も聞こえますが、その原因としては、キャッチボールができる公園が減ったから、なんて言われますよね。
でも、こうやって自分で工夫して遊ぶことをしないから、というのが最も大きな理由なのかもしれませんね。
昔の子供って、どんな場所でも、どんな人数でも、道具がなくっても、自分で工夫して/友達と相談して/年上の子に教えてもらって、何かと遊びを作り上げて遊んでましたよね。
野球についても同じように、工夫して遊びながら上手くなってましたよね。

この遊び(練習?)は、そういう面も子供たちに教える意味で良い遊び(練習)ですね^^
PATさん ありがとうございます。 (穴金空歩人)
2017-06-20 21:04:10
今は、一人ならゲームですかね?
遊びの野球からルール、カバーを覚えましたよね。
野球で遊ぶ。なんてもう時代遅れなんですかね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL