少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

大きい差は果てしない

2016-09-19 | 新しい役所
プロストの走りは想像出来るけど、
セナの走りは想像出来ない。って言ったのは、
元F1レーサーの中島悟さん。

教授って呼ばれたアラン・プロストの走りは出来るけど、
音速の貴公子アイルトン・セナの走りは想像も出来ない。
プロストを応援していたへそ曲がりの私
このコメントはショックだった。

今日のリーグ戦。完敗。完膚なきまで。ってヤツ。
もう、グーの音どころか、パーもチョキも出ない
昨日の敗戦の対策は立てられるけど、
今日の敗戦の対策?どうしたら良いの?ってレベル。

8番、9番バッターが打席に入っても、
全く安心出来ない相手の打線。
一方、4番バッターのサトが調子悪く、
3番バッターのノリしか期待が出来ない我が打線。

試合後、100から200素振りをしているって言う子供達。
じゃ相手チームは300から500の素振りを毎日しているんでしょう。
それぐらい、スイングが違った

毎日、素振りをしているって子は半数で、
「宿題が有るから素振りが出来ない。」と
のたまうのも居て
それは野球辞めるしかないよね

試合後の後片付けも、あっという間。
チンタラといつまでもベンチでやっている
我がチームと大違い。

そんな野球以外の事やチーム一丸で勝利を目指している雰囲気
なにもかにも差がありすぎ

この差を埋めるのには
果てしないなぁ
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さい差は大きい | トップ | 君達、親子だわ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2016-09-19 21:42:06
そんなに大きな差だったんですか?
でも、同じ小学生がやってるわけですから、実はそんなに大きな差があるわけではないのでは?!

ちょっとした意識の違いだったりするんでしょうけど、その意識の違いって、どうやって出来てくるんでしょうね?
恐怖政治的に無理矢理やらせても仕方がないし、だからと言って、自ら気付くのを待っていてはいつまでも変わらないし。。。
ホント、どうやればいいんでしょうね。
PATさん ありがとございます。 (穴金空歩人)
2016-09-20 21:22:05
全然違いました。
同じ小学生?実は6年生は一人だけしか居ないらしい。
練習した。って意識が打席での雰囲気を出せるのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL