少子化に悩む少年野球監督

少子化で部員減少に悩む少年野球チームの監督。その就任からの記録です。

積極と消極

2017-07-11 | 新しい役所
日曜日の練習試合。

走者二塁の場面。
打球はセンターの前方のフライ。
一旦セカンドに帰塁したヒデキですが、
センターが落球したのを見てスタート。
しかし、センターの前の打球だったので、
三塁に転送されアウト。

走者二三塁。
カイセイの打球はレフトの伸ばした手の上を越えていく
走者一掃のタイムリーヒット。
しかし、打者走者のカイセイは一塁。

試合の後に
アウトに成ったヒデキは私に誉められ、
打点を上げて、一塁に残ったのに
私に怒られたカイセイ

理不尽な様ですが、
常日頃、アウトになっても良いから先の塁を。って言ってますから、
ヒデキの走者は、他のチームでは暴走と取られるかも知れないが、
ウチは全然OK。
暴走に見えるかも知れないが、
そこから相手にミスが起きるかも知れないし、
このチームは油断したら走って来る。って思ってくれれば
そうしたら警戒して捕球の時に
打球から目を切るのが早くなるかも知れないし、
慌てて送球ミスをしてくれるかも知れない。

逆に、安全第一、各駅停車の走塁からは何も生まれない。

チーム一の俊足とチーム一足の遅い選手との意識の違いかも知れないが、
ベースランニングは足が遅くても、
考え方、意識次第で次の塁が狙えるのを
そろそろ覚えて欲しい。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜の旅 | トップ | 機械頼み »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (PAT)
2017-07-11 22:13:46
>ベースランニングは足が遅くても、
>考え方、意識次第で次の塁が狙える

まさにコレ!ですね。
単純に足の速さで勝負が決まるなら、野球じゃなく、100m走をすればいいわけですからね。
そうじゃなくって、足が遅くっても意識次第で次の塁に行けたり得点できるのが野球ですもんね。

って、それを抜きにしても、レフトオーバーなのにシングルヒットっていうのはもったいないです^^;
PATさん ありがとうございました (穴金空歩人)
2017-07-12 20:34:57
>レフトオーバーなのにシングルヒットっていうのはもったいないです^^;

この時、本塁のプレーを見ていたのですが、
目の端でカイセイが走っていないのは見えてました。
試合後、オーバーランはしたのかを聞いたら
していたとの事。
オーバーランをしていた、
本塁でクロスプレーが有ったのに
わざわざ一塁に戻る。
どれだけ、足に自信がないんだ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL