筆のおもむくままに

 短歌を詠んでいます。一日一首、一週間前に詠んだ歌を載せています。

蝉の声

2014年09月30日 | 短歌
長月の 終わりに蝉の 声聞けば
長生き出来る 心地こそすれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜勤終わりに

2014年09月29日 | 短歌
あの雲を 枕や布団と 見紛うた
夜勤終わりに 背伸びしたとき 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鵬

2014年09月28日 | 短歌
白鵬の 優勝回数 三十一
阪神ファンには 嬉しい数字で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繁昌亭

2014年09月27日 | 短歌
 きょう、仕事が終わってから大阪市北区にある繁昌亭で落語を見てきました。
 やはり、面白い落語を聞いて笑うのは、ストレス解消になりますね(^.^)

 きょうの大阪の日の出は5時49分、日の入りも5時49分で、昼と夜の長さがまったく全く同じ一日でした。
 明日からは、少しずつ夜の時間が長くなるため、きょうが秋の夜長の始まりの日とも言るかもしれませんね。 

 日が暮れて 繁昌亭の 幕が開く
 秋の夜長の 始めなるらん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旭天鵬

2014年09月26日 | 短歌
横綱を 負かした逸ノ城よりも 
旭天鵬が 輝いて見ゆ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キンモクセイ

2014年09月25日 | 短歌
風吹けば モクセイの香が 広がりぬ
今宵は窓を 閉めず眠ろう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマホ

2014年09月24日 | 短歌
秋浅し 始めてスマホに 換えた夜は
何故だか真夏が 懐かしくなり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋分の日

2014年09月23日 | 短歌


 きょうは秋晴れの一日になり、通勤中に通った中之島公園でも、雲ひとつない青空が広がっていました。
 こんな日は、仕事をサボって・・・・・・、といきたいのですが、そうはいかないのが辛いところです(^_^;)


めいっぱい 息吸い込めば お土産に
持ち帰れるかな? この日の青空
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オグリの孫

2014年09月22日 | 短歌
「この週末 オグリの孫が 走るらしい」 
このひと言で 我も走りぬ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安眠

2014年09月21日 | 短歌
珍しく よく寝られたわ ドジをして
姉の子ふたりに 笑われた夜は
コメント
この記事をはてなブックマークに追加