筆のおもむくままに

 短歌を詠んでいます。一日一首、一週間前に詠んだ歌を載せています。

山萩

2014年08月31日 | 短歌
城跡に 一輪二輪の 萩の花
風に揺られて 我が足に添う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩中に

2014年08月30日 | 短歌
顔ほどの ヘチマと何度か 目が合って
「そうだ実家に メールでもしよ」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気象予報士

2014年08月29日 | 短歌
晴れ予報 伝えたその夜に 雨の音
軒のタオルは 濡れたままにて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨上がり

2014年08月28日 | 短歌
雨やんで 実り始めた 穂の先の
しずくに映る 細い夏の陽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アキアカネ

2014年08月27日 | 短歌
浪速路に ただ一羽舞う アキアカネ
ゆきあいの空を 右へ左へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨のあと

2014年08月26日 | 短歌
雨やんで 蝉が鎮まる 校庭に
子の歓声が 高く響ける
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決勝戦

2014年08月25日 | 短歌
この試合 終わらなかったら いいのにな
毎年思う 秋の終わりに
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌記念

2014年08月24日 | 短歌
ハープにも 負けず劣らず 直線で
いい味出してた ホエールキャプチャ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山吹の花

2014年08月23日 | 短歌
 雨のやんだこの日、大阪城公園を訪れると、いつもは春の選抜高校野球のころに咲く山吹の花が咲いていました。
 毎年、この時期には数輪の花が咲くのですが、ひょっとして、夏の高校野球が気になるからなのでしょうか……(^_^;)


晴れ渡る 夏の終わりの 城跡に
季節はずれの 山吹の花
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

携帯電話

2014年08月22日 | 短歌
ケータイの 着メロ響いて 目を覚まし
手にした電話の 固いぬくもり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加