筆のおもむくままに

 短歌を詠んでいます。一日一首、一週間前に詠んだ歌を載せています。

卒業式

2013年03月13日 | 短歌
雨予報 外れて嬉し 校庭の
隅まで響く 仰げば尊し
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何にもない

2013年03月12日 | 短歌
詠むことが 何にもないわ どないしよ
まぁしゃあないわ とりあえず寝よ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3.11

2013年03月11日 | 短歌
この待ちにも こんな朝陽が 射すねんなと
しみじみ思う 3.11
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春場所

2013年03月10日 | 短歌
今日からは いよいよ春場所 空見れば
まるで嵐や どうなる白鵬
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ち合わせ

2013年03月09日 | 短歌
まだかぃな でももうちょっと 待ちたいなと
あの人を待つ 開演5分前
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の季語

2013年03月08日 | 短歌
聞くだけで 目鼻ムズムズ スギ・ヒノキ
PM25も 春の季語かな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしよ

2013年03月07日 | 短歌
羽織ろかな どないしよかたと 悩みつつ
時間過ぎてく 春のお出掛け
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何回?

2013年03月06日 | 短歌
「あ~しんど」って 何回言ったか 指折れど
両手両足 それでも足らへん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の香

2013年03月05日 | 短歌
寝惚け目が 花の香に触れ イキイキと
春によく見る ビフォーアフター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青山町で

2013年03月04日 | 短歌
川波も 見渡す山も 春空も
青々映える 阿保の街並み
コメント
この記事をはてなブックマークに追加