様々な情報を毎日まとめています

芸能・ダイエット・旅行・英語・IT情報盛りだくさん

ATM18億円引き出し事件、暴力団と海外ハッカーが連携か

2016-10-12 09:34:24 | 日記

犯罪の協業化とグローバル化が進んでいる。
利便性が盲点に変わった事例か。


http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/49686243.html


これだけ徒党組んで、下手すると千人規模の人間が知ってただろうに、警察も公安も情報一つ掴んでなかったってのが情けない


10人程度で実行出来るテロなんか、とても防止できそうもないな


ヤクザと宗教から税金取れよ


偽札と同じレベルの刑罰にするべき。


17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で今年5月に18億円超が一斉に引き出された事件で、山口組や神戸山口組、道仁会など少なくとも6組織の指定暴力団が事件に関与していたことが警察当局への取材でわかった。


クレジットカードの暗証番号がハッキングによって無効化されていたことも判明し、警察当局は、暴力団など国内の犯罪組織が海外のハッカー組織と手を結び、不正引き出しを計画したとみて解明を進めている。


警察当局はこれまでに現金引き出し役など計92人を窃盗容疑などで逮捕。背後の捜査を進めた結果、いずれも指定暴力団の山口組、神戸山口組、稲川会、住吉会、道仁会、合田一家の6組織の傘下組織幹部や組員が事件に関与していたことが確認された。このほかに別の指定暴力団の関与も浮上している。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲しいけどなかなか買う気に... | トップ | ゲーム用PCに必要な要素ってS... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL