TakaPの数学日記

数学を教えていて感じたことや日常の感想などを記録しました。

ピアノの音

2017年04月26日 02時53分26秒 | 音楽・カラオケ

ピアノ協奏曲のピアノの音はオーケストラ音と少し違って聞こえるような気がする。
ピアノの音階が平均律であるということを知っているので、先入観があるのかも知れないが、
ピアノの音はオーケストラの音の上を漂っているように聞こえる。
クラリネットやバイオリン協奏曲の時とは違う響きだ。
ピアノ以外の協奏曲では、ソロの音はオーケストラに溶け込んでいるように
思う。もちろんソロだから、スポットライトを浴びているような感覚は
あるが。
オーケストラと合わせるとき、指揮者はそんなこと、つまり音階が
ピアノとオーケストラでは違うことを意識しているのだろうか。

こんなことをコンサートに行ってふと思った。



ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 証明のポイントその後の後 | トップ | 孫の授業参観 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽・カラオケ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL