ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

東上田ダム

2016-10-18 14:06:42 | 岐阜県
2016年10月15日 東上田ダム

東上田ダムは岐阜県下呂市小坂町の木曾川水系飛騨川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川上流部は日本電力が、中下流部は東邦電力により発電事業が進められました。飛騨川流域の電力事業は戦中戦後の日本発送電を経て1951年(昭和26年)に中部電力が事業を継承、さらなる電源開発を推進します。
1953年(昭和28年)にまだ手つかずだった飛騨川源流部に朝日ダムと秋神ダムを建設、ついで1954年(昭和29年)に飛騨川中流部の小坂ダムと瀬戸ダムの中間に建設されたのが東上田ダムです。
ここで取水された水は約10キロの導水路で下流の東上田発電所に送られ最大3万5000キロワットの発電を行っています。

久々野から国道41号を南下、小坂で飛騨川右岸の県道88号に入ると左下に東上田ダムが見えてきます。
中電レッドの4門のラジアルゲートが並びます。
右奥はダム管理事務所、左手のマンションは中電の小坂寮です。

ゲートをズームアップ
河川維持放流が行われています。

手前を高山線が通っているのでどうしても電線が入ってしまいます。

左岸の取水口。

左岸に移ります。
沈砂池。
 

中電のダムでは珍しく天端は立ち入り可能。
付近の生活道路や通学路として開放されています。

中電レッドのローラーゲート。

 
飛騨川中下流には東邦電力時代に建設された古いダムが続きますが、東上田ダムは唯一戦後に建設されたダムです。

1086 東上田ダム(0649)
岐阜県下呂市小坂町坂下
木曾川水系飛騨川
18メートル
104メートル
中部電力(株)
1954年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小坂ダム(小坂堰堤) | トップ | 大ヶ洞ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。