ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

小坂ダム(小坂堰堤)

2016-10-18 12:43:08 | 岐阜県
2016年10月15日 小坂ダム(小坂堰堤)

小坂ダムは岐阜県高山市久々野町の木曾川水系飛騨川にある中部電力の発電用取水堰で、1930年(昭和5年)に戦前の5大電力の一つ日本電力によって建設され、日本発送電を経て戦後は中部電力が継承しました。
ここで取水された水は導水路で小坂発電所に送られ小坂発電所の1号機、2号機で最大1万8400キロワットの発電を行っています。

小坂ダムはフェンスに囲まれており国道側からダムを見ることはできません。
たまたま立ち寄った土産物店の裏口から河原に下りることができ、ダムを直下から見ることができました。
すぐそばを高山線が通っています。
左岸は全面越流式堰堤、右岸に2門のラジアルゲートがあり魚道が設置されています。

ゲートにはコンクリートの錘がありゲートのフラップと連動しています。
ゲートを開放して水位が下がると錘の力で自動的にゲートが閉まる仕組みになっています。

全面越流の堰堤には排砂用と思われる2本の溝があり木製の角落で水止めされています。

沈砂池。

小坂発電所への導水路呑口。

小坂ダム
岐阜県高山市久々野町小坊
木曾川水系飛騨川
---メートル
---メートル
中部電力(株)
1930年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々野防災ダム | トップ | 東上田ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。