ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

中の川ダム

2017-06-30 12:02:16 | 大分県
2017年6月18日 中の川ダム
 
中の川ダムは大分県臼杵市の末広川支流中の川源流部にある洪水調節・灌漑目的のロックフィルダムで、農水省の補助を受けた大分県の土地改良事業により1977年(昭和52年)に竣工し、運用開始後は臼杵市が受託管理を行っています。
ダム便覧では竣工は1987年となっていますがこれは間違いと思われます。
瀬戸内海気候により年間降水量が少ない臼杵地区では、渇水による用水不足が生じる一方、大きく蛇行する末広川は豪雨のたびに洪水被害をもたらしてきました。
そこで大分県は農水省の補助を受け臼杵地区土地改良事業を実施、まず1977年(昭和52年)に末広川左支流の中の川に中ノ川ダムを建設、次いで1987年(昭和57年)に末広川に末広ダムを建設しました。
中の川ダムは中の川および末広川の洪水調節のほか、末広ダムと合わせて171ヘクタールに灌漑用水の供給を行っています。

今回は県道21号から中の川沿いの市道を北上して中の川ダムに至りました。
市道を北上すると中の川ダムの堤体が見えてきます。
草が生え一見アースのようですがロックフィルダムです。

ダムの記念碑。

天端
関係者以外車両通行禁止。

下流面
草が茂りアースダムの様相。

ダム湖は総貯水容量88万1000立米。

上流面
こちらもロックフィルには見えません。

洪水吐導流部

洪水吐
中央にスリットが入っています。


赤いスクリーンの奥に常用洪水吐としてゲートがあり、これが上の写真スリットに通じています。

今回取水設備が確認できませんでした。たぶん洪水吐に併設されているのではないかと思います。
また堤体直下には利水放流設備があるようですが、そちらへの道は関係者以外立ち入り禁止で見ることは叶いませんでした。

2795 中の川ダム(1053)
大分県臼杵市岳谷
末広川水系中の川
FA
37.3メートル
120メートル
臼杵市
1977年
『大分県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 末広ダム | トップ | 戸保の木ダム(轟ダム) »

コメントを投稿