ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

大川瀬ダム

2017-03-21 15:14:43 | 兵庫県
2017年3月17日 大川瀬ダム
 
大川瀬ダムは兵庫県三田市の加古川水系東条川にある多目的重力式コンクリートダムで農水省の『国営東播用水農業水利事業』によって1991年(平成3年)に建設されました。
完成後も川代ダムや鴨川ダム、呑吐ダムなどとの広範な連携が必要なことから近畿農政局が管理する農水省直轄ダムとなっています。
自己流域の貯留に加え、篠山川にある川代ダムから川代導水路を通じて貯留を行い、大川瀬導水路で呑吐ダムへ、鴨川導水路で鴨川ダムへ送水する中継施設として建設されました。
大川瀬ダムは北神戸地域への農業用水を直接供給するほか、呑吐ダムを経由して播磨平野への農業用水を供給しています。また呑吐ダム、鴨川ダムを通じて上水道用水の供給も行っています。
さらに2016年(平成28年)4月から河川維持放流を利用した小水力発電が完成し最大199キロワットの発電を行っています。
 
県道75号を南西に走ると右手に大川瀬ダムが見えてきます。
まずは下流から
3門の青いラジアルゲートが青空に映えます。

右岸の管理事務所で大川瀬ダムと鴨川ダムのダムカードをもらった後ダムを見学します。
右岸から上流面。

下流面。

アングルを変えて
左岸が吞吐ダムへの大川瀬導水路の起点となります
手前の小さな白い建物が昨年増設された小水力発電所です。

減勢工と下流の眺め。

ダム湖
特に名前はなく周囲は別荘地になっています。

天端はダムの管理道路で一般車両は通行禁止ですが、近隣住民の通行は黙認されています。
取水設備は表面取水式、選択取水式。

減勢工右側は鴨川導水路の起点となっています。

左岸から
堤体は左岸側が屈曲しています。

左岸高台から
奥が管理事務所。

大川瀬ダム個別でダムを見るのではなく、川代ダム、吞吐ダム、鴨川ダム等との水の流れを理解しながら大川瀬ダムを見学するとこのダムの役割がより一層よくわかるかと思います。

1515 大川瀬ダム(0856)
兵庫県三田市大川瀬
加古川水系東条川
AWP
 
50.8メートル
164メートル
農水省近畿農政局
1991年
『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山田ダム | トップ | 青野ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。