ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

有漢池

2017-04-17 23:46:36 | 岡山県
2017年4月10日 有漢池
 
有漢池は岡山県高梁市有漢町にある灌漑用アースダムで、1928年(昭和3年)に建設されました。ダム便覧では事業者は有漢土地改良区となっていますが土地改良法が成立したのでは戦後ですので、これは戦後の改修の事業者を示してるのではないかと思います。
現在の管理者はその有漢土地改良区です。

地図では有漢池の南側を県道156号が通っていますが県道から直接池には行けません。
県道156号の生コン工場から左手の細い道に入り最初の分岐は右手の道を取ります。すぐに十字路となるのでここは右手のダートの道を選びます。道路の左側にある溜池からの水路がヒントです。
高速の高架橋をくぐれば正面に有漢池の堤体が見えてきます。
今回は最初の分岐の路肩に車を止めて往復3キロ弱を歩いて有漢池に到達しました。

堤体の下流から
奥に堤体が見えます。手前右側は取水設備からの水路。

取水設備からの水路と樋管。

左岸洪水吐からの導流部は滝仕様。

堤体下流面
左岸に向けて小径が斜行しています。

左岸の円形の洪水吐
苔と錆がいい按配です。

アングルを変えて
堤体上流面は谷積みの石で補強されています。

池のすぐ下流を中国道が走っています。

谷積みの石。

右岸から
対岸に県道が見えますが、県道から直接池にはこれません。

右岸には3基の記念碑が並びます。
最初の着工は大正年間で昭和30年代に堤体の決壊があり大きな改修を行ったようです。

1853 有漢池(0934)
岡山県高梁市有漢町有漢
高梁川水系有漢川
26メートル
101メートル
有漢土地改良区
1928年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月8~12日 ... | トップ | 三室川ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。