ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

打保ダム

2016-10-17 11:30:55 | 岐阜県
2016年10月15日 打保ダム

打保ダムは岐阜県飛騨市宮川町にある関西電力の発電用重力式コンクリートダムです。
電力分割民営化により日本発送電は解体され、神通川水系では宮川は関西電力が、それ以外は北陸電力が電力事業を継承しました。
新設された関西電力は宮川に3基の発電ダムと発電所の建設に取り掛かり3基のダムの最下流に1953年(昭和28年)に建設されたのが打保ダムです。ここで取水された水は約5キロの導水路で下流の打保発電所に送られ最大2万4300キロワットの発電を行っています。

今回は猪谷から国道360号を南下、新宮川大橋から打保ダムを見ることができます
9門のラジアルゲートが並び左岸には取水口があります。

ゲートはもちろん関電ブラック。


取水口


下流500メートルくらいに河原への下り口があり、そこから河原を遡上すれば下流からダムを見ることもできたのですが、ちょっと水かさが多かったので断念しました。
 
1081 打保ダム(0638)
岐阜県飛騨市宮川町大字三川原字長とう
神通川水系宮川
25.5メートル
155.7メートル
関西電力
1953年
『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月15~16... | トップ | 坂上ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。