ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

間谷池

2017-04-19 13:13:33 | 岡山県
2017年4月11日 間谷池
 
間谷池は岡山県津山市にある灌漑用アースダムでダム便覧では竣工は大正年間、現地の記念碑では1922年(大正11年)の完成となっています。
現在は受益者で組織される間谷池水利組合が管理を行っています。
 
県道6号から県道348号に入り東進すると集落の上に間谷池の堤体が見えてきます。
ところが集落内の道は狭く迷路のようになっておりなかなか池に接近できません。
地元の方に道を伺い集落東側高台にあるライスセンターから簡単に到達できることがわかりました。

ライスセンター脇から堤体左岸に林道が続きますが、今回は堤体直下からアプローチ。

害獣防止策を開けて進むと堤体直下に出ます
基礎部分は石積みになっています。

取水設備からの樋管。

左岸の洪水吐。


上流面はコンクリートで補強されています。

竣工記念碑
大正11年吉日完成とあります。

記念碑裏には初代村長長男の谷原環氏の出資によって建設された旨が記載されています。

貯水池は貯水容量5万立米。

雨が激しくなってきたのであわてて車に戻ったため、取水設備の確認を失念してしまいました。

3478 間谷池(0946)
岡山県津山市堀坂
吉井川水系金川
15メートル
95メートル
間谷池水利組合
1922年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樋の内池 | トップ | 権兵衛池 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。