ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

三室川ダム

2017-04-18 10:47:04 | 岡山県
2017年4月10日 三室川ダム
 
三室川ダムは岡山県新見市の高梁川水系西川の右支流三室川にある岡山県営の多目的重力式コンクリートダムです。
高梁川下流部は一級河川として国交省が直轄管理し、中上流部は岡山県により河川管理が行われてきました。
しかし主要右支流の西川については治水事業が遅れ1972年の昭和47年7月豪雨では大きな洪水被害が発生しました。
これを受け岡山県は西川流域の治水事業に乗り出し1982年(昭和57年)完成の高瀬川に続いて2005年(平成17年)に竣工したのが三室川ダムです。
三室川ダムは現在のところ岡山県で最も新しいダムとなっています。
三室川ダムは三室川及び西川の洪水調節、既得取水権への補給及び河川流量の保持、新見市への上水道用水の供給を目的とするほか河川維持放流を利用して岡山県企業局三室発電所で最大460キロワットの発電を行っています。

伯備線に沿って県道8号を北上し、足立で『三室川ダム』の標識に従って県道12号に入り西進すると三室川ダムに到着します。
まずは下流から
オリフィスゲートから放流しています。

県道でダムサイトに上がります
左岸ダムサイトに駐車場と竣工記念碑があります。

下流面。


上流面
自由越流式洪水吐が8門
中央に取水設備、取水設備の奥にオリフィス取水ゲートがあります。

天端は歩行者のみ立ち入り可能。

両岸に堤趾導流壁があり減勢工は右に湾曲しています
減勢工左手の四角い建物が三室発電所です。

右岸のインクライン。

ダム湖は総貯水容量820万立米
三室峡がシャクナゲの名所であることからシャクナゲ湖と命名されています。

右岸から
赤い屋根の管理事務所がありますが遠隔操作で通常は無人のようです。
 
岡山県営ダムとしては最も新しいダムです。
ダムカードは河本ダムもしくは新見にある高梁川ダム統合管理事務所で配布されています。

1915 三室川ダム(0935)
岡山県新見市神郷油野
高梁川水系三室川
FNWP
 
74.5メートル
231メートル
岡山県
2005年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有漢池 | トップ | 高瀬川ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。