ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

昭和池

2017-04-19 11:10:03 | 岡山県
2017年4月11日 昭和池
 
昭和池という名称は非常にポピュラーでダム便覧全体では9基の昭和池がありそのうち3基が岡山県に所在しています。
今回も4月9日に新見市の昭和池を見学したばかりです。
こちらの昭和池は岡山県津山市にある灌漑用アースダムで1938年(昭和13年)に建設されました。ダム便覧では事業者は一宮土地改良区となっていますが土地改良法は1949年(昭和24年)の成立ですのでこれは間違いかと思います。
現在は昭和池土地改良区が管理を行っています。
 
津山市一宮から県道343号を西進し、西山方バス停の一つ先を右折すると昭和池に到着します。
昭和池の左岸天端脇に管理する昭和池土地改良区の倉庫があり4基の石碑が並んでいます。

左岸上流から。

左岸の洪水吐 薄く越流しています
洪水吐に引っ掛かっている筏のようなものは??

上流面
天端は車道です。

洪水吐導流部。

総貯水容量53万立米と溜池としては比較的大きな貯水池
湖岸のソメイヨシノ、ダム湖周辺のヤマザクラがともに満開。

洪水吐傍に斜樋があります。

右岸から上流面 こちらのソメイヨシノも満開
上流面はコンクリートで補強されています。

下流面。

ダム湖畔には古事記にも登場する仁徳天皇ゆかりの黒媛を祀る神社があります。

昭和池周辺の桜はちょうど見ごろ…天気が良ければお弁当を持ってゆっくり見学したい津山の昭和池でした。

1861 昭和池(0944)
岡山県津山市東田辺
吉井川水系宮川
35メートル
85メートル
昭和池土地改良区
1938年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先谷池 | トップ | 樋の内池 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。