ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

本庄池本堤

2017-06-22 11:24:50 | 福岡県
2017年6月16日 本庄池本堤
 
本庄池は福岡県京都郡みやこ町にある灌漑用アースダムで戦争を挟んで建設工事が続き終戦直後の1946年(昭和21年)に竣工しました。
本庄池は本堤および2基の副堤によって形成され周辺約420ヘクタールの水田の灌漑用水源となっています。
本庄池一帯は県の水環境整備事業により『犀川公園(本庄池公園)』として整備され、貯水池を巡る約3.5キロの遊歩道や親水公園、浮き桟橋、野鳥観察小屋などが設置され、釣りやバードウォッチングのスポットとしても知られています。
 
平成筑豊鉄道田川線犀川駅から県道239号を南下、上本庄交差点を右折すると左手に犀川公園入口が現れます。
地図の赤線が本堤、茶色線が副堤1号、緑線が副堤2号となっています。

公園入口にある案内板。

まずは本堤から見学をしてみます
左岸にある竣工記念碑。

竣工記念碑のそばには斜樋があります。
本庄池には取水設備が複数あり、ここで取水された水は本庄池東部に広がる水田に供給されます。

本庄池は総貯水容量160万立米と溜池としては大規模な部類です。

天端からの眺め
ちょうど東向きになります。

天端は車両通行可能。

本堤は堤頂長429メートルとかなり長く、中央で屈曲して『L』字型になっています
上流面はコンクリートで補強、左奥に見えるのが副堤1号です。

副堤1号をズームアップ。

左岸から上流面
ここから見ると『L』字になっているのがよくわかります。

最後に下流面。

そういえば本庄池には洪水吐が見当たりませんでした。

2397 本庄池本堤(1020)
福岡県京都郡みやこ町犀川本庄
今川水系喜多良川
19.2メートル
429メートル
みやこ町 
1946年
『福岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呉ダム | トップ | 本庄池副堤1号 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。