ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

2016年10月8~10日 群馬ダム巡り ①10月8日

2016-10-11 10:05:48 | ダム巡りの旅
体育の日を含む3連空は群馬県の渋川に2泊して北関東のダムを廻ってきました。
3月以降東北や上信越のダムを中心にダム巡りをしてきたので、関東のダムを訪問するのは7月の下久保ダム以来です。
今回は近場ということでちょっと遅めの4時に起床、5時に自宅を発って関越道で沼田まで北上、国道120号で片品村の丸沼ダムへ向かいます。
重要文化財の丸沼ダムですが残念ながらガスのため視界ゼロ・・・

仕方がないので金精峠を越えて栃木県の中禅寺ダムへ。
小さな県営ダムですが、ここで中禅寺湖を支え華厳の滝の水量を調節しています。

再び丸沼ダムに戻るとガスが切れていました。トム・ソーヤー号で湖上に出ます。

重要文化財、日本でも珍しいバットレスダムです。

大尻沼にある東京電力一之瀬発電所取水口
小さな堰堤ですが1937年(昭和12年)竣工の古いダムです。

片品村中心部近くの大滝堰堤はダム便覧参考掲載の東電の発電用取水ダム。
これまた1927年(昭和2年)竣工という古いダムです。

片品川沿いにさらに下ると天気が急速に回復してきました。
薗原ダムは機械室上のジャンプ台式減勢工が特徴。

さらに下流の平出ダム
ここは2度目の訪問で群馬県営のダムです。
ゲート放流を行っていましたが、展望ポイントなし。

ラストは玉原高原にある玉原ダムです。
東京電力の発電用ロックフィルダムで藤原ダムと揚水式発電を行っています。

まだ時間は2時半、藤原ダムか相俣ダムをやっつけようかと思いましたがなんとなく気分が乗らずこれにて終了。
赤城山ろくの大規模農道で渋川に南下してルートイン渋川にチェックインしました。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与茂九郎1号池 | トップ | 中禅寺ダム(再) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。