ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

秋神ダム

2016-10-17 19:49:00 | 岐阜県
2016年10月15日 秋神ダム

秋神ダムは岐阜県高山市朝日町の木曾川水系飛騨川支流秋神川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川上流部は日本電力が、中下流部は東邦電力により発電事業が進められました。飛騨川流域の電力事業は戦中戦後の日本発送電を経て1951年(昭和26年)に中部電力が事業を継承、さらなる電源開発を推進します。
現在飛騨川源流部には5基のダムがありますが1953年(昭和28年)に最初に建設されたのが朝日ダムで、同年に秋神ダムが完成します。
秋神ダムは独自の発電所は持たず連絡導水路を通じて朝日ダムと連携して朝日発電所で最大2万500キロワットの発電を行っています。
また秋神ダムと朝日ダム両者合わせて約4000万㎥に及ぶ貯水量は朝日発電所にとどまらず飛騨川下流での中部電力の水力発電を支える水源としての役割も持っています。

朝日ダムと秋神ダムを結ぶ導水路(国土地理院地形図)。

高山から国道361号を東進し秋神トンネル手前の路肩に駐車して旧道を歩くと秋神ダムが見えてきます。
ちょっと逆光で堤体がつぶれ気味の写真になってしまいました。

秋神トンネルを抜けると秋神ダム右岸に到着します。
天端は立ち入り禁止。
ゲートの上が階段になっているのが特徴です。

上流面。

ゲートの右手は2つの放流管の取水設備?

ゲートをズームアップ
中電ですがブラックゲート。
ゲート上が階段になっています。

ダム湖と秋神ダム管理事務所。
秋神ダムのみならず中部電力の飛騨川流域の発電施設の中枢になっています。

上流から。
  

1085 秋神ダム(0644)
岐阜県高山市朝日町古瀬ヶ洞
木曾川水系秋神川
74メートル
192メートル
中部電力(株)
1953年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日ダム | トップ | 高根第二ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。