ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

河本ダム

2017-04-17 11:21:56 | 岡山県
2017年4月9日 河本ダム
 
高梁川河口の水島地区では戦中戦後から大企業の工場進出が続き水島臨海工業地帯として発展しました。これに伴う工業用水の需要増加に対応するため岡山県は水島工業用水道事業に着手、高梁川上流部に水源を求めました。
一方高梁川中上流部では河川改修が遅れ豪雨のたびに流域で洪水被害が発生し抜本的な洪水対策が求められていました。
そこで岡山県は『高梁川総合開発事業』を策定、1964年(昭和39年)に岡山県新見市の高梁川支流の西川と本郷川の合流地点に建設されたのが河本ダムです。
河本ダムは高梁川の洪水調節、水島工業地帯への工業用水の供給のほか岡山県企業局新見発電所で最大1万900キロワットの水力発電を行っています。
また河本ダムは日本で13基しかない中空重力式コンクリートダムで堤頂長で見れば日本第4位の規模の中空式ダムとなっています。

県道33号線の正田トンネル北側の正田橋から旧道に入ると右手に岡山県企業局新見発電所が見えてきます。
ちょうど桜が見ごろになっています。

下流から
クレストはラジアルゲートが2門、低水放流設備として左岸にハウエルバンガーバブルがあります。

ダム下流右岸は公園として整備され桜が満開です。

ハウエルバンガーバルブ。

堤体下流面
天端からそのまま傾斜が始まる中空式独特の形状。

上流面と管理事務所。

上流面からゲート
水位が高いため中空ダム特有のダイヤモンドヘッドは見ることができません。

天端は車両通行可能。

減勢工と右岸の桜。

左岸から下流面

河本ダムの管理事務所では河本ダムのほか、小阪部川ダム、三室川ダムのダムカードが配布されています。

1873 河本ダム(0927)
岡山県新見市金谷
高梁川水系西川
FIP
HG 
60メートル
258.6メートル
岡山県
1964年
『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草月ダム | トップ | 小阪部川ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。