ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

馬瀬川第二ダム

2016-10-19 10:13:01 | 岐阜県
2016年10月16日 馬瀬川第二ダム

馬瀬川第二ダムは岐阜県下呂市金山町の飛騨川右支流馬瀬川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川支流の馬瀬川では1938年(昭和13年)に日本電力が西村ダムを建設していました。
戦後中部電力、農林省、建設省がそれぞれの思惑で馬瀬川中流域でのダム建設を模索しますが、最終的には『木曽川水系水資源総合開発計画(フルプラン)』に沿って水資源開発公団によって1976年(昭和51年)に岩屋ダムが建設されました。
馬瀬川第二ダムは揚水式発電の下部調整池及び、岩屋ダムの逆調整池として岩屋ダムと同年に中部電力によって建設されました。
岩屋ダムを上部池、馬瀬川第二ダムを下部池として中部電力馬瀬川第一発電所で最大28万8000キロワットの揚水式発電を行うほか、馬瀬川第二発電所で6万6400キロワットの一般水力発電を行っています。

馬瀬川第二ダムは県道86号線沿いにあり、まずは下流からアプローチします。
下流からの展望スポットはほとんどなく、樹間からこの写真を撮るのが精一杯。
落葉すればもう少しきれいに見えるかもしれません。
中電らしい3門のラジアルゲートを備えています。

左岸から。
馬瀬川第二ダムをまともに見ることができるのはここだけです。

中部電力のダムとしては珍しく天端は立ち入り可能です。

高い導流壁。

ダム湖の奥にかすかに岩屋ダムが見えます。
揚水発電の下部池のほか、岩屋ダムの逆調整池の役割も持っています。

一般水力発電の馬瀬川第二発電所。
厳密には発電所は地下にありこれは変電施設です。
電力会社のダムの名前は導水先のダムの名前を付けることが多く馬瀬川第2ダムはこの発電所の名前を採用しています。
馬瀬川第一ダムは岩屋ダムとの揚水式発電となるので第二ダムはあるけど第一ダムがないという状態になっています。

フローティング方式の取水設備。
揚水式発電の下部池で水位の変動が大きいのでフローティング方式の取水設備となっています。

上の取水設備で取水された水はここを通じて河川維持用水として放流されます。
サージタンクの様な役割があると思われます。

上流から。

岩屋ダムの天端から辛うじて馬瀬川第2ダムを見ることができました。
 
展望スポットは少ないのですが、フローティング方式の取水設備などなかなか面白い施設が多い馬瀬川第二ダムです。

1115 馬瀬川第二ダム(0652)
岐阜県下呂市金山町岩瀬
木曾川水系馬瀬川
44.5メートル
263メートル
中部電力(株)
1976年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西村ダム | トップ | 岩屋ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。