ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

作名ダム

2017-01-30 11:05:58 | 千葉県
2017年1月28日 作名ダム
 
作名ダムは千葉県館山市にある重力式コンクリートダムで、館山市水道の水源として1977年(昭和52年)に館山市によって建設されました。その後の水道事業統合により現在は館山市および南房総市の一部の水道事業を担う三芳水道企業団が管理運営を行っています。
 
館山市を横断する県道188号線から作名川に沿って市道を南下すると、浄水場の先に作名ダムが見えてきます。
クレストは自由越流式洪水吐が1門。

洪水吐と副ダム。

左岸から、天端は車両通行可能で左岸で屈曲しています。
円形の取水設備。

ダム湖。地図では大正池と書かれており、もともとは溜池があったようです。
水はかなり濁っており、プランクトン発生防止のため循環装置が設置されて湖面に泡が出ています。

洪水吐導流面と減勢工。

取水設備の操作機器。

右岸高台の貯水槽
天端はゲート部分だけ少し高くなっています。

右岸から
作名ダムのプレート。

下流面。

0674 作名ダム(0817)
千葉県館山市作名
汐入川水系作名川
24.5メートル
145メートル
三芳水道企業団
1973年
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広田堰(海老敷の堰) | トップ | 白浜ダム »

コメントを投稿