ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

黒杭川ダム

2017-05-12 16:04:15 | 山口県
2017年5月6日 黒杭川ダム 

黒杭川ダムは山口県柳井市の柳井川水系黒杭川にある山口県営の多目的重力式コンクリートダムです。
柳井川は柳井市を南北に貫流し柳井市中心街で瀬戸内海にそそぐ2級河川ですが、大雨のたびに下流の市街地に洪水被害が頻発していました。
一方高度成長により瀬戸内海沿岸各地に工場が建設され工業用水の水源確保も喫緊の課題となっていました。
これらの諸課題に対処するために県は黒杭川に多目的ダムの建設を決定、1970年(昭和45年)に竣工したのが黒杭川ダムで、運用当初は黒杭川の洪水調節、安定した河川流量の維持と既得取水権への補給、工業用水の供給を目的としていました。
しかし、黒杭川ダム完成後も洪水被害は絶えず、県は黒杭川ダムの上流に新たなダムを建設し、2基のダムを一体運用することで万全の治水、利水を図ることにしました。
2011年(平成23年)の黒杭川上流ダム完成に合わせてが黒杭川ダムの工業用水向けの容量を治水容量に振り替えたため、現在の黒杭川ダムの目的は洪水調節と不特定利水となっています。

柳井市中心部から県道7号を北上すると左手に黒杭川ダムが見えてきます。
グリーンのラジアルゲートと前面に張り出したコンジットゲートの機械室が特徴的。

右岸から俯瞰できます。

ちょっとアングルを変えて
総貯水容量155万立米のダム湖は柳北湖と命名されています
右奥にわずかに上流ダムが見えます。

漁業権が設定されているのか釣りのボートが2隻浮かんでいます。

減勢工
左から河川維持放流が行われています。

ちょっと変わった形の放流設備。

天端は歩行者のみ通行可能
コンテナみたいなゲート操作室。

上流から。

ゲートをズームアップ
コンジットの予備ゲートもグリーン。

上流ダムから遠望。
屋代ダムでもそうでしたが、山口県の県営ダムの管理道路のガードレールはオレンジ色。

2078 黒杭川ダム(0976)
山口県柳井市柳井
柳井川水系黒杭川
FN
 
35メートル
172.5メートル
山口県
1969年
『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒杭川上流ダム | トップ | 畑の池 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。