ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

高根第二ダム

2016-10-17 21:17:00 | 岐阜県
2016年10月15日 高根第二ダム

高根第二ダムは岐阜県高山市高根町の木曾川水系飛騨川にある中部電力の発電用中空式重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川上流部は日本電力が、中下流部は東邦電力により発電事業が進められました。飛騨川流域の電力事業は戦中戦後の日本発送電を経て1951年(昭和26年)に中部電力が事業を継承しさらなる電源開発を推進します。
飛騨川源流部では1953年(昭和28年)に朝日ダムと秋神ダムが完成、さらに1962年(昭和37年)に久々野ダムが完成しました。
1960年代に入り発電の主力は火力に移り『火主水従』の時代となりますが、高度成長による夏季の電力ピークに対してピークに合わせて大出力の発電が可能な揚水式発電に注目が集まりました。
そこで中部電力は朝日ダムの上流に揚水式発電所を計画、下部調整池として1968年(昭和43年)に完成したのが高根第二ダムです。
高根第1発電所で揚水式発電で最大34万キロワットの発電を行うほか、高根第2発電所で最大2万5100キロワットの一般水力発電を行っています。

高山市から国道361号を東進、道の駅『飛騨たかね工房』を過ぎ下之向橋で右手の側道に入ると高根第二ダム直下に到着します。
クレストは2門のラジアルゲート、減勢工はジャンプ台式。

堤体頂上部まで傾斜が付いているのが中空式の特徴です。
向かって左に高根第2発電所があります。

堤体下流面。
堤体左岸が緩やかに湾曲しています。

天端は立ち入り禁止。

上流面。
ラジアルゲートはブラックゲート。
水位が低ければ中空式特有のダイヤモンドヘッドが見れるのですが・・・


ゲート右手の二つの窪みの下には取水設備が2基隠れています。

1106 高根第二ダム(0645)
岐阜県高山市高根町日影
木曾川水系飛騨川
HG
69メートル
232メートル
中部電力(株)
1968年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋神ダム | トップ | 高根第一ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。