ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

大舞ダム

2017-06-30 14:45:55 | 大分県
2017年6月18日 大舞ダム
 
大舞ダムは大分市木佐上の小猫川水系大舞川にある灌漑用重力式コンクリートダムで、農水省の補助を受けた大分県の中山間地域総合整備事業により2001年(平成13年)に竣工しました。現在は1キロ離れた戸保の木ダムともども木佐上土地改良区が管理を行っています
国道197号線から小猫川沿いの県道715号を南下、三本杉橋の二股を右手にとり轟集落を抜ける戸保の木ダムの手前を左折、そのまま南に進むと大舞ダムに到着します。
まずは下流から
ゲートは自由越流式が2門、導流壁のカーブがちょっと特徴的です。  

手前は利水放流設備。

左岸ダムサイトの竣工記念碑。
 

下流面。

取水設備。
 

総貯水容量11万2000立米と小さな貯水池。

減勢工
左手は利水放流設備。

天端。

右岸から下流面。

上流面
こちらから見ると取水設備の機械室がダム湖にせり出しているのが分かります。

小さな灌漑用コンクリートダムでさほど特徴はありません。
でも名前がいい!
英語で書くと『Oh my dam!!』

3373 大舞ダム(1055)
大分県大分市木佐上
小猫川水系大舞川
20.8メートル
98メートル
木佐上土地改良区 
2001年
『大分県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戸保の木ダム(轟ダム) | トップ | 志生木ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。