ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

滝の堰(上小原堰)

2017-01-30 19:12:17 | 千葉県
2017年1月28日 滝の堰(上小原堰)
 
滝の堰は千葉県鴨川市上小原にある灌漑用アースダムで、1937年(昭和12年)に建設され主基第三土地改良区が管理を行っています。
地元では所在地名から上小原堰とも呼ばれているようです。
 
滝の堰のすぐ上に競輪のサテライト鴨川場外車券売り場があり国道410号や県道34号線のサテライト鴨川の標識に従えば滝の堰に到着します。
貯水池の奥に見えるのがサテライト鴨川
右岸に水路がありこれが洪水吐に流れ込みます。

洪水吐
上の写真の水路がここに繋がっています。

房総半島は泥質の凝灰岩で形成され、どのダム湖や溜池も水はかなり濁っているのですが、滝の堰は翡翠のような美しい水で湖底まではっきりと見えます。

総貯水容量3万1000立米と小さな溜池ですがとにかく水が美しい。

洪水吐導流部と下流面。

洪水吐。

 
上流面。

堤体中ほどの池栓。

千葉では珍しい水の美しいため池で、湖面の写真ばかりに気を取られ上流からの写真を撮るのを忘れてしまいました。

3411 滝の堰(上小原堰)(0822)
千葉県鴨川市上小原
加茂川水系山王沢川
18ートル
104メートル
主基第三土地改良区
1937年
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小向ダム | トップ | 2017年2月4~5日 房... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。