ダムの訪問記

愛車のBMW M2とM6でダムを訪問しています。

白丸調整池

2017-11-14 10:55:59 | 東京都
2017年11月12日 白丸調整池
 
白丸調整池は東京都西多摩郡奥多摩町の多摩川本流にある東京都交通局が管理する発電用重力式コンクリートダムで、小河内ダム直下にある東京都交通局多摩川第1発電所の逆調整池として1962年(昭和37年)に竣工しました。
またここで取水された水はさらに下流の多摩川第2発電所に送られ最大出力1万6400キロワットの発電を行っています。
2000年(平成12年)には河川維持放流を利用して最大1100キロワットの発電を行う白丸発電所が増設されました。
一方、多摩川を管理する国交省は2001年(平成13年)に魚道を新設するとともに、白丸魚道として一般公開し現在は奥多摩の人気スポットの一つとなっています。

青梅から国道411号を西進し鳩ノ巣駅を過ぎると左手に白丸魚道入口が現れます。
白丸魚道の駐車場は鳩ノ巣渓谷遊歩道の入口にもなっており、休日は多くのハイカーでにぎわっています。
展望台から堤体を俯瞰

総貯水容量89万3000立米の貯水池は白丸湖と呼ばれています。
クレストにはローラーゲートが2門、堤体上流側には流木やゴミ、資材を運搬する簡易モノレールが設置されています。

洪水吐導流部。

天端から
名物の魚道が伸びています。

天端は鳩ノ巣渓谷遊歩道となっており多くのハイカーが往来しています。

白丸魚道入口、ダムカードはここでもらえます。

魚道へ下りる名物のらせん階段
下り一方通行です。

下かららせん階段を見上げると・・・。

魚道を間近で見ることができます。

0693 白丸調整池(1167)
東京都西多摩郡奥多摩町
多摩川水系多摩川
30.3メートル
61メートル
東京都交通局
1962年
『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上日川ダム | トップ | 2017年11月23~26... »

コメントを投稿