ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

西村ダム

2016-10-18 22:57:54 | 岐阜県
2016年10月16日 西村ダム

西村ダムは岐阜県下呂市馬瀬の飛騨川右支流馬瀬川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
水量が豊富で急流が続く飛騨川水系は戦前から電力開発が進み、飛騨川上流部は日本電力が、中下流部は東邦電力により発電事業が進められました。
西村ダムは1938年(昭和13年)に当時の5大電力の一つ日本電力系列の関西電力(現在の関西電力とは別会社)によって建設され、日本発送電を経て戦後は中部電力が継承しています。
ここで取水された水は約9キロの導水路で飛騨川沿いの瀬戸第2発電所に送られ最大2万1000キロワットの発電を行っています。

馬瀬川沿いの県道431号を走ると西村ダムが見えてきます。

関電と見まがうばかりのブラックゲート4門です。
日本電力による建設ということで黒いゲートになったのでしょう。

4門ともゲートが上がっています。
水流の轟音とともに期待が高まります。

天端は立ち入り禁止。

やったね!4門ともゲート開放しての放流です。

黒いゲートに白い水流が映えます。

沈砂池の入口。

右岸に回ります。
こちらは木が邪魔になりますが、紅葉になればいい絵になりそう。

右岸から天端。

対岸の取水口。

期待はしてましたがまさか4門放流が見れるとは・・・
満足の西村ダムでした。

1065 西村ダム(0651)
岐阜県下呂市馬瀬西村
木曾川水系馬瀬川
19.5メートル
78.7メートル
中部電力(株)
1938年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瀬戸ダム(瀬戸第一堰堤) | トップ | 馬瀬川第二ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。