ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

小野池

2017-05-15 15:28:31 | 広島県
2017年5月7日 小野池
 
小野池で『このいけ』と読みます。
小野池は広島県東広島市志和町にある灌漑用アースダムで、ダム便覧によれば1953年(昭和28年)に広島県の事業で建設されました。
現在は小野土地改良区が管理を行っています。

志和インターから県道83号を北上し、県道33号に合流するとすぐに左に折れ県道176号に入ります。
そのまま西進すると小野池の左岸に到着します。
左岸上流から 手前に左岸に洪水吐があります。

上流面
下部は石組で補強されています。
池は魚釣禁止ですが、アフォーが一人釣りをしています。

左岸の洪水吐。

洪水吐導流部。
 
天端
轍がありますが、ロープが張られ関係者以外車両進入禁止。

貯水池は総貯水容量57万立米と溜池にしてはそこそこの大きさ。

実は今回小野池を訪れた最大の目的はこの斜樋の操作室
ダム便覧のフォトアーカイブスでこの絵を見てどうしても実物を目にしたかったのです。

明らかにスプレーによる落書
でもレベルが非常に高く、これを見たら子供たちも池に近づかないのではないでしょうか?

ちなみに反対にはこんな絵が
こっちは今一つかな?

下流面。

落書き自体はほめられたものではありませんが、この絵は消さないでいてほしいなあ・・・
 
3562 小野池(0983)
広島県東広島市志和町別府
太田川水系荒谷川
16メートル
239.5メートル
小野土地改良区
1953年
『広島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本垰池 | トップ | 福富ダム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。