ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

川辺ダム

2016-11-08 09:17:08 | 岐阜県
2016年11月3日 川辺ダム

川辺ダムは岐阜県美濃加茂市(右岸は加茂郡川辺町)の木曾川水系飛騨川にある中部電力の発電用重力式コンクリートダムです。
木曾川支流の飛騨川では戦前から電源開発が進み、上流域は日本電力が、下流域は東邦電力が開発を進めました。
川辺ダムは1936年(昭和11年)に飛騨川の最下流に建設され、日本発送電を経て戦後は中部電力が事業継承をしています。
ここで取水された水は川辺発電所に送られ最大3万キロワットの発電を行っています。
 
今回は県道64号を北上して左岸からアプローチしました。

ガードが厳しい中部電力ですが、川辺ダムは両岸住民の生活通路として天端が開放されています。

ダム湖(飛水湖)
川辺漕艇場として協会公認のボートコースになっています。

下流の眺め
右岸発電所側は自然の岩盤を利用して厚めの護岸が施されています。

発電所取水口。

右岸には舟筏路と魚道があります。
魚道には水は流れておらず機能していないようです。

沈砂池と取水ゲート。

下流から
12門のローラーゲートが並びます。
第1門だけゲートがグレーです。
今回は第6門が改修中でした。

右岸(向かって左)は舟筏路と魚道
魚道には水はなく機能していません。

ゲートビアはアーチ型の鉄骨トラスになっています。
同年に竣工した上流の名倉ダムとよく似た構造です。

1064 川辺ダム(0681)
岐阜県美濃加茂市下米田町東栃井(右岸は岐阜県加茂郡川辺町)
木曾川水系飛騨川
27メートル
178メートル
中部電力
1936年
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兼山ダム | トップ | 上飯田調整池 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。