ダムの訪問記

愛車のBMW M3とM6でダムを訪問しています。

安岐ダム

2017-06-28 14:48:45 | 大分県
2017年6月17日 安岐ダム

安岐ダムは大分県国東市安岐町の安岐川にある大分県営の多目的重力式コンクリートダムです。
国東半島南東部を横断し旧安岐町中心部で伊予灘に注ぐ安岐川はたびたび洪水被害を繰り返し、とりわけ1961年(昭和36年)10月の豪雨では流域に甚大な被害をもたらしました。
これを受け大分県は下流部4キロにわたり河川改修を行うとともに、上流部への多目的ダムの建設を決めました。
そして1971年(昭和46年)に竣工したのが安岐ダムです。
安岐ダムは安岐川の洪水調節と既得取水権への補給・安定した河川流量の保持を目的としています。

安岐ダムはダム左岸を県道34号線が通っておりアプローチは簡単です。
左岸親柱にあるダムの概要プレート。

下流面
堤高35メートルとさほど高くはありません。

左岸フーチングの階段が開放され堤体直下に降りることができます。

ゲート
見えそうで見えません。

総貯水容量258万立米のダム湖。

導流面と減勢工。

天端は車両通行可能
左岸に管理事務所があります。

上流からゲートの見える場所を探しますが・・・・
木が邪魔!

管理事務所とインクライン。

下流から何とかゲートを見ることができました
薄くですがクレストから放流しています。

2774 安岐ダム(1042)
大分県国東市安岐町矢川
安岐川水系安岐川
FN
 
35メートル
172.5メートル
大分県
1971年
『大分県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行入ダム | トップ | 吉松新池 »

コメントを投稿