又七の不定記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
フライフィッシングとクロスカントリースキーと蘭の栽培の好きな又七の不定記

人生の分かれ道

2016-10-16 18:02:49 | 釣り

なんかへんなタイトルで始めてしまいましたが、特に深い意味はありません(笑)。

ここ2年間マリアコミュニティーで投稿を重ね今年の春にめでたく初代マリア王となり、その特典釣行のため、わざわざ横浜から永島マイスターが広島を訪問してくれた。

っで、金曜日の夕方に合流してとりあえず来月くらいからメータークラスのブリが釣れ始めるであろう某ポイントへ行って、メタフラ修行(笑)

相変わらずアマモしか釣れませんが、2回だけショートバイトがありました。

っで、本格的な釣行となった土曜日。

当初は満潮後の下げを狙って朝遅めに集合して釣り場へ入る計画でしたが、はるばる横浜からマイスターが来てくれてるのに朝まずめを狙わないってのも失礼だし、少しでもチャンスが多い方が良いだろうってことで朝一から攻めてみることにしました。

朝5時半に釣り場に最も近い釣り具量販店で合流して、薄暗い水面に期待を掛けてメタフラ修行(笑笑)。

何も釣れません。

満潮潮止まりを過ぎて当初予定していた釣時になった頃、突然マイスターが

「あぁぁぁぁぁぁ~~~~~っ!」

どうやらバイトがあったらしい。っでその後の劇的な快進撃が期待されたものの、結果むなしく・・・・。
結局3セット用意したタックルをとっかえひっかえしてて5時間近くメタフラ他投げまくってみたものの、ただ風が吹き抜けていくだけで・・・。

昼食に汁なし担々麺を食べて、午後からはわしがいつも釣りに入っているクロダイポイントへ。

クロダイ沢山見えているんだけど、いつものごとくラインの影だけでクロダイが逃げてゆきます。

それにしても二週間前と比べてクロダイの魚影が極端に少なくなっている感じ
護岸工事に先だって行われた桟橋の撤去作業の影響かもしれません。

それでも河口付近まで行けばフレッシュなクロダイが入ってくるかもっと期待を胸にずんずん進んでみたものの、、途中でちょこっとチェイスがあったりメイタサイズがヒットしただけで、このメイタも雑に引き寄せてきたせいでフックオフ。なかなか釣果画像が押さえれませんな。

結局ボウズのままレベル100釣行は終了。

マイスターに広島のクロダイを釣って欲しかったのじゃが、洗練を浴びせただけで終わってしまい、残念な結果となりました。

っで、その日の夜はマリアコミュニティー&急遽エギ王コミュニティーパーティー広島。
駅前の居酒屋で楽しく歓談させていただきました。

10月15日はカープの日。本日のデーゲームで日本シリーズへの進出を決めたということもあって広島駅周辺は赤い人たちがわんさか歩いています。昼間は青いマリアTシャツを着ていたはずのマイスター(産まれる前から巨人ファン)も空気を読んで夜には赤いマリアTシャツに着替えており、その横を青い人たちが

「おめでとうございま~す。」

っと低い姿勢で・・・(爆)。

たとえマリアTシャツであっても赤けりゃカープファンに見えるってこと。この日一番のネタとなりました。
さすがマイスター(笑)。

 

っで、ここからが人生の分かれ道(謎)。

マイスターと広島在住の大阪人I氏と岡山のふくふくさんとわしの4人で人生の分かれ道を真っ直ぐ直進して2次会に突入。

これまたむちゃくちゃ楽しく過ごさせていただきました。

っで、3人はその後ふたたび人生の分かれ道に方向に戻って行き、私は反対方向に向かってそのまま徒歩で帰宅。

っで、本日昼まで爆睡して午後から前日のポイントへリベンジに行ってきました。

潮位は前日とほぼ同じ。
護岸下へ降りてすぐ、ダイソーペンシルでいきなりジュポン!っと強烈なバイトがあり最初の締め込みでリーダーブレイク(泣)。ダイソーペンシルも残り2個となってしまった。大切に使わなければ・・。

次はラパラで排水溝の深みで狙い通りに食わせたものの水の中に沈んだ障害物にすり寄られてクロダイが根掛かりに変身(泣)。

その次は追っては来たものの食わせ切らず・・・

ルアーのサイズを少し落としてポケッツペンシルに代えて、ここからが爆発!

前日にはほとんど魚っ気がなかった石積の際で2週間前と同じように高活性な群れを発見!

っで、さくっとヒットしたのは良いものの、ランディングツールを持って行くのを忘れてて、、、(汗)

ハンドランディングを決行したところ、魚の腹あたりをホールドした瞬間に魚が暴れて手が滑ってしまいフックが右手薬指にざっくりと刺さってしまった。っで魚が暴れるたびにどんどんと深く刺さって・・・・。
むちゃくちゃ痛いんだけどどうしようもないので、もう諦めてそのまま強引に魚のえらぶたあたりを掴んで何とかランディング。
でも魚から手が離せません。離してもポケッツペンシルで繋がったままです。
ネタにはできそうですがポケットからカメラもスマホも取り出せません(笑)。

(笑)とか書いてますが、笑い事じゃありません。泣きたいくらいの痛さです(涙)。

それにしても「まな板の上のタイ(コイだったかね?)」とはよく言ったもので、平らなコンクリートの上に置いたクロダイは良い子でおとなしくしてくれました。
魚もこんな痛い思いしてるんだね~っと反省しながら、とりあえずバーブまで刺さったフックを何とか強引に引抜くことができました(写真のクロダイの上唇の溝が赤く映ってますが、クロダイの血ではなくわしの血です。)。無茶痛かったです。
それにしても、フックを引っこ抜くって、こんなに痛いんじゃね。
これまで53年生きてきて最大級の痛さでした。

ここで一句

魚だけのためじゃない、自分のためにもバーブレス(爆)

ここで釣りを止めればいいものを、高活性の群れがまだ目の前にいます。

出血も最初の一瞬だけで、針を抜いた傷口もうまく塞がってそうだったし、ロッドも握れそうだったのでそのまま釣り続行。

っで、

そして

っと。

ここでマイスターにメールで釣果報告。

その後、沖でスズキのスプラッシュが見えたのでナブラワインダーに換えて投げてみると速攻でそこそこのフッコがヒット。

しかしランディングツールがな~い!
ハンドランディングする勇気もな~い!(笑)

とりあえず浅いところへ誘導してから考えようと魚をひっぱりながら捨て石の上を歩いているとフックアウト。良かったのか悪かったのか??。

っでここで止めておけばいいものを、ついついもう一回投げてしまい、今度は明らかに70cmオーバーの大物がヒット!

しかしランディングツールがな~い!
ハンドランディングする勇気もな~い!(笑)

しかもフックアウトしそうにない良い場所にがっちり掛かってるし・・・(汗)

とりあえず浅いところまで誘導してなんとかズリあげれそうなところまで寄せてきたものの、最後の突っ込みでリーダーが・・・。
やっぱ8ポンドじゃ厳しいよね。(餌釣りでは6ポンドでキャッチしたことあるけどそのときは磯竿だったしタモもあったしね。)

っで、あきらめの悪いわしは逆さラパラを結んでまたまた投げてしまい・・・3回目のスズキヒット・・・・
もう合わせませんでした。勝手に逃げてくれ(笑)。

まあ、そんなこんなで一日違うだけでこんなにも状況が違うというのが海ですよね。

この高活性がもう一日早く来てればよかったのに。

 

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Maria COMMUNITYパーティー広島 | トップ | 久しぶりに・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。