また行きたいな! ハワイ島

素晴らしいハワイ島&素敵なハワイの島々をメインに紹介します。

エンジェルさんのルート66ギフトショップ (7/22)

2016-10-25 06:11:38 | 2016/7 アメリカ横断
我が家が宿泊する、デラックス・イン・モーテルのすぐ東隣に
こんなお店がありました。
ここはセリグマンの町興し(ルート66の廃止反対)で、全身
全霊を傾けたエンジェルさんのお店です。
そんなエンジェルさんが、経営する”ギフトショップ”なのです。

エンジェルさんは、元々こちらで床屋さんをやっていました。
そんな関係で、お店の内外には床屋さんの看板やイスなどが
現在でも残ってます。



お店の前には、クラシックカー・トラックが停車しています。
その荷台には、マックイーン号のイラストもありました。
セリグマンは、ディズニー映画「カーズ」の舞台となった場所
としても有名です。



こちらがエンジェルさんの床屋の正面玄関の様です。
現在はこの扉は、カギが掛っており開けることは出来ません。
床屋さんの窓部分には、夥しい数のシールが貼ってあります。



華氏の温度計ですが、現在96°Fをさしています。
摂氏に換算すると、35.6℃になります。
時間はすでに、夕方4時を過ぎているのにこの暑さです。



床屋さんの左隣が、ギフト・ショップの正面玄関でした。
ドアには、往年の名女優マリリン・モンローの写真が飾っています。



ギフト・ショップ内に入ってみました。
ご覧の様に、いっぱいのお土産品が並びます。



どれもこれも、基本的に”ルート66”のグッズばかり並んでいます。



それだけ現在でも、昔の主要道路であった”ルート66”に
依存しているのでしょう。



こちらには、アメリカに限らず外国を含めたナンバープレートが
数多く販売されていました。
全てのナンバーが本物で、以前普通に道路を走行したでしょう。
ここでは、ハワイのレインボーナンバーも販売されていました。



我が家もお揃いではありませんが、それぞれ1枚ずつ「セリグマン」
ならびに「ルート66」がプリントされているTシャツを購入しました。
支払いは、JAL(JCB)カードで決済出来ました。

このお店で、4人家族のお客さんが来店していました。
その方々は日本語で会話しており、我が家と同様に日本からの
観光客だと思います。
セドナでは韓国系・中国系の観光客の方を見ましたが、日本人は
いませんでした。
それなのに、こんな田舎町なのに何故・・・・!?



その昔、エンジェルさんは散髪屋を営んでいました。
このお土産屋さんは、セリグマンで一番の人気のお店の様です。



今現在もお店の片隅に、その面影が残っています。



これがその当時使用していた、床屋用のイスです。
ほんの最近まで、実際にお客さんの髪の毛を切っていた様です。
今現在はご覧の通りなので、もう使用されていないでしょう。


場所(グーグルマップ)はこちら ⇒
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デラックス・イン・モーテル セ... | トップ | セリグマンはカーズの町 (7/22) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
レガシーですね (ken-ta-ro)
2016-10-25 08:23:13
最近オリンピックの施設の関係でやたら「レガシー」とい
うワードを聞きますが、この店こそレガシーですよね。
アメリカの古きよき時代を現在にまで遺す、この精神こ
そレガシーそのものですよね。
こんな店のTシャツや小物欲しいなぁ。
Unknown (マハロパパ)
2016-10-25 12:33:23
まことに購買意欲をそそる品ぞろえですね。何か買わずには出られませんね!
Unknown (ラブかあさん)
2016-10-26 00:50:32
ルート66の歌が聞こえてきそうです。
こんなに品ぞろえがあるということは、観光客が多いのでしょうね。

とっても小さな町のようですが、
昔を懐かしむ方が多いのですね。

けんたろう さん (ホノムボーイ)
2016-10-26 06:28:58
セリグマンらしいノスタルジックな雰囲気のお店が、数軒営業していました。
こちらのお店は、宿泊したアコモのお隣なので歩いて立ち寄ってみました。
マハロパパ さん (ホノムボーイ)
2016-10-26 06:31:17
ルート66が描かれたTシャツは、いろんな場所で販売していますが~
「セリグマン」が記載されているのは、この地域だけなのが良いのかもしれません。
ラブかあさん さん (ホノムボーイ)
2016-10-26 06:36:19
町興しをスタートした時、相当大勢の観光客が訪れていたことでしょう。
現在はその観光客も少しずつ減って、ちょっと寂しい様相は否めませんでした。

コメントを投稿