また行きたいな! ハワイ島

素晴らしいハワイ島&素敵なハワイの島々をメインに紹介します。

カセドラル・ロック (7/22)

2016-10-20 05:55:36 | 2016/7 アメリカ横断
エアポートメサでトレッキングした後、カセドラル・ロック(Cathedral Rock)
の近くへやってきました。
このカセドラル・ロックは、セドナを代表する4大ボルテックスの一つです。



「カセドラル」とは大聖堂の意味です。



その優雅な姿が美しいと言われています。
ここカセドラルロックは、女性エネルギーが強い様です。



上の写真とはちょうど逆側(逆の方角)から、カセドラル・ロックを
確認してみました。



もし能力さえあれば、その絶大なる大パワーを感じることが
出来るのでしょうね。
我が家は夫婦揃って、涙ものでしたが・・・・



カセドラル・ロックへのトレッキングは、往復で約2時間半以上かかる
ことと途中カセドラル・ロックに近づけば近づくほどに、勾配が急に
なるので中・上級者向けのトレイルらしいです。
なので、我が家は遠くから眺めるだけにしました。



場所(グーグルマップ)はこちら ⇒
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エアポート メサ トレッキン... | トップ | ホール・フーズ セドナ (7/22) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マハロパパ)
2016-10-20 07:57:04
cathedral
偉大な自然が作り出した造形に、人間は宗教的なものを感じるのですね。
確かに人間のパワーをはるかに超える自然のパワーを前に、人間は謙虚になれる気がします。
Unknown (ken-ta-ro)
2016-10-20 08:21:22
旅に出て旅先のものから自然の恩恵をいただく、これっ
て旅の醍醐味ですよね。私も、ハワイの夫婦旅などで
は特別パワーを感じたことはないのですが、日本へ帰
ってから長年の案件が解決したり、良い事が舞い込ん
できたりして、ハワイのパワーをいただいたような気が
します。不思議ですよね。
Unknown (ハイチュウ)
2016-10-20 17:34:36
自然が作り出した姿なのですね
まるでギリシャ神殿のように見えて神々しく不思議です。
女性エネルギーとはどんな感じなのでしょう、男性エネルギーを感じる場所もあると言うことですよね
自然のエネルギーは感じる方もそうでない方も
さらに口では上手く説明出来ないなんとも言えないものなのでしょうね
Unknown (ラブかあさん)
2016-10-21 01:15:28
すばらしい絶景ですね。
自然の力のすごさを見せつけられていますね。
写真で見て一度行きたいなと思っているけれど…
こんな景色の前では言葉もないでしょうね。

トレッキングは無理をされなくて良かったです。
実際に見ただけでたくさんのパワーを貰われたことでしょう。
マハロパパ さん (ホノムボーイ)
2016-10-21 06:31:46
セドナの街のほぼ中央に、このカセドラル・ロックがありました。
私は残念ながら、パワーを感じられませんでしたが景色は最高でした。
けんたろう さん (ホノムボーイ)
2016-10-21 06:36:01
あ~~~それはありかも!? 現地ではパワーを感じ無くても・・・・
帰国して、良い方向へ傾くのは嬉しいでしょう。これぞ隠れたパワーですね。
ハイチュウ さん (ホノムボーイ)
2016-10-21 06:38:27
セドナの台地に忽然と現れた様な、そんな大きな赤い岩山でした。
きっとパワーが潜んでいると信じたいです。帰国後に感じられれば良いと思います。
ラブかあさん さん (ホノムボーイ)
2016-10-21 06:43:53
見辛いですが、TOP写真の場所にはトレッキングロードがあります。
アリの行列の様にたくさんの方が、登頂しようとする姿がありました。
Unknown (行燈入道)
2016-10-22 14:59:25
40度の灼熱の中で過酷なトレイをしたら、命がいくつあっても足りるモノではありません。
それでも上るのはパワーを貰えるからなのでしょうか?ホノムボーイさん、この山に登らなかった
のは正解と思いますよ。
行燈入道 さん (ホノムボーイ)
2016-10-23 08:05:06
お水をそれ程持っていなかったこと、午後にはセリグマンに入りたかったので見るだけにしました。
レンタカーでカセドラル・ロックを、グル~リと一周しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。