マタエムの女将日記

千葉県御宿町で、岩和田漁港のそばで民宿の女将となってはや15年。
日々の仕事や、季節の移り変わりなどを伝えたいです。

マタエムの蔵書が増えました。

2013年05月17日 13時39分10秒 | インポート


最近マタエムのの書棚にまた一刷本が増えました。マタエムに既にある海女の群像に加え、海女の習俗という写真集です。

昭和初期ごろまでの海女さんたちの子育てや潜ったあとのホッとした一息の時間など海女さんたちの生活がよくわかります。子供たちなどがの写真もあります。

一番びっくりしたのは岩和田の海からの入口の様子が今と余りにも違うことです。時の流れというのは景色や暮らし方など全てが変わってしまうのだなあと思いました。

岩和田の暮らしが海女である女性によってかなり左右されること(収入などが全く違ったこと)などはちょっと驚きでした。稼ぎのいい海女さんが嫁に入ればかなりいい暮らし

ができたようです。

ぜひご来館の際に見てください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加