東京老人Tokyorojin

こごとじじい増山静男のブログです。

長谷寺2

2017年06月13日 15時08分53秒 | グリーン車
6月9日

 朝の勧行が終わって、お寺の施設を見学した、ご本尊にじかに触れる厨子は撮影禁止であった、本堂の舞台はかなり高い谷の上にかかっている、







 



 五重塔ももちろんある、ブログが遅れたのは写真の向きを直そうとして苦心していた、コンピューター上ではちゃんと写っているのに、ここに乗せると寝てしまう、












 みどころは沢山あるのだけど、早朝で、お坊さんを呼ばなかったので、単独で見学した、お坊さんはいなくなってしまうので、C国人などが、油をまかないか心配だ、特に木造の本堂は細心の注意を払わないといけないのに、ご本尊にも我々だけで、いなくなってしまう、

 このお寺は7回火事で焼けてしまい、その都度再建されたそうである、昔は雷の知識もなかったので仕方ないと思うが、昭和の災害が、人災でないことを祈る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満州国写真展 | トップ | 平城京跡 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初夏の頃の長谷寺 (anikobe)
2017-06-14 17:21:16
大抵長谷寺にお詣りするのは、桜の頃か、紅葉の頃ですので、こうして今頃の緑濃い長谷寺は、新鮮な気がします。
塔が横に寝てしまうのは、画像の編集できっと直ると思います。
でも、たまにはこのようにゆっくり横に寝かせてやるのもいいのじゃないかしらなんて。(^^♪
anikobeさま (東京老人)
2017-06-14 18:18:38
五條市から近いのですね、
この時期、新鮮な緑の中、暑くも寒くもない時に、2人だけで見学できたのは幸運だと思います、
五重塔が寝転んでいるのをお見逃しいただいてありがとうございます、
国宝の木造建築が、無防備に見せてくれるのはいいのですが、本当に心配です、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL