フライで和歌山の渓を釣る

  ロッドを傍らにお気に入りの渓へ・・・

アマゴの渓(その15)

2017-07-17 20:04:57 | 2017釣行記
 7月17日(月)

今日は単独でGO

で、今日も





暑いのでゲーター装備





5ftの竹竿です。

僕との相性は抜群です





入渓は9時頃。

期待して流れに入るもアブラハヤばかり・・・





まだまだ上流へ歩かねばいかんのか?

随分と歩いて、ようやく初ヒット。





2時間歩いて、やっとこです


でも、そこから30分間で







と連続で出ました。

フライを換えたのが良かったんかな??

CDCライツロイヤル#15。





それからも、アマゴゾーンに入ったみたいで綺麗なアマゴ達。





天然モノでは無いけれど、間違いなく再生産された渓魚達です。





今日はガンガン歩くで~って、お昼を食べ忘れていたので一旦脱渓


水分補給?ガソリン入れて・・・再び歩きます。





こんなのは結構出ます。

でも面倒やし、CDCパターンも弾数が僅かなので、ムネ赤P#13にチェンジ。

すると・・・





25cmの雄。

イカツイ顔をしています。







エエ場所で出ましたわ





それからもエエ感じで歩き続けて







もっと歩きたかったけど・・・





僕の不注意でモグロさんに譲ってもらった竹竿を折ってしまった

2ピースが4ピースになってしもた・・・。


かなり凹んだので、そのまま3時半納竿

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゴの渓(その14) | トップ | CDCライツロイヤル »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっちまったなあ (T−有田)
2017-07-17 21:27:51
ロッド破損、しかもバンブー、心中お察し申し上げます。ただこんなトラブルはよくあることです。数回釣行を重ねて、良型を数匹釣れば傷心も回復するでしょう。変ななぐさめは要らんてか。
こんばんは T-有田さん (テツ)
2017-07-17 22:48:24
経緯を説明しますと、一度ダイブしたので
バックに入れていた携帯と財布をチェックし
ファスナーを開けたまま遡行。
暫くして気づき、確認すると携帯が紛失。
慌てて戻り、更に2往復中に転倒し、ポキッと
逝ってしまいました。

そこで我に返り、よくよく落ち着いて探すと
川の中ではなく、川岸の石の上にありました。
携帯は個人情報満載ですので洒落になりません。
まぁ・・・致し方無しと自分なりに納得しています。
Unknown (善)
2017-07-18 19:30:19
こんにちは。
歩いた甲斐が有りましたね!思った所でバシッと出てくれると疲れも飛んで行く思います。
今まで、私は釣りに行く時は携帯を持って行ってませんでした、でも最近ちょっと不安で持つようになりました。写真は携帯ですか?ベストのポケットの締め忘れ良く有ります。躓いて水の中に・・・フライボックスも水溜り、みたいな感じです。なので気が付いたら占める様にはしてますが、開いてる事が多いです(汗。今回、だいぶ歩かれた様ですし完全復活ですね!
こんばんは 善さん (テツ)
2017-07-18 22:43:31
体調は完全復活ですね。

僕はガラホっていうんですか?
ガラケーみたいなの、アレです(一応、防水です)。
で、我が家の女性陣はスマホを使いこなしています。

防水パックに入れておけば、確認せずに済んだので
また・・・モンベルですかね~

今回は歩きまくりましたが、発作はおきませんでした。
当たり前ですけど
これからも、多分・・・いや絶対歩き続けますヨ~
送って来て (モグロ)
2017-07-19 05:52:58
バンブー作り直しますから送って来てください。
それまでスペアー使ってください。
こんにちは モグロさん (テツ)
2017-07-19 18:03:14
承知しました。
早速、送りますので宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。